« 梅田阪神百貨店、平成の仏師展 | トップページ | 大阪DEEP案内が統国寺を取り上げた! »

2009年1月31日 (土)

民博のポン教セミナー行きそびれた!

実はひじょーに後悔してることがありまして、1月17日に国立民俗学博物館で

第368回みんぱくゼミナール『チベットのポン教』というのが開かれたのだ。

以前も少し触れたけど、チベットの源宗教であるアニミズム的宗教であるポン教に興味があります。

民博はポン教研究では第一線を行くところであり、その研究成果を聞けるなんて素晴らしい機会なのです。

長野泰彦民博教授が講演とのこと。

しかし気づいたのが開催直後であり、非常に残念無念なのです。


ポン教のタンカとか寺院とかもあるのですが、日本の神道と仏教の神仏習合のようなところもあり、非常におもしろいのです。

習合美術マニヤの私としましては、ぜひとも話しをお聞きしたいところだったのです。


チベット民族や、近縁にあるアニミズム宗教を持つ中国少数民族のナシ族やイ族と言えば、一説には日本人のルーツとも多少関わるかもと言われたりするような人々であり、

これらアニミズム文化に日本の古来の風景を見たりもできるかもしれません。うーむ残念。


講演どころでなく、いつか特別展でポン教展やって欲しい。

ポン教だけじゃ難しかったらアジアのアニミズム展とか!

« 梅田阪神百貨店、平成の仏師展 | トップページ | 大阪DEEP案内が統国寺を取り上げた! »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417528

この記事へのトラックバック一覧です: 民博のポン教セミナー行きそびれた!:

« 梅田阪神百貨店、平成の仏師展 | トップページ | 大阪DEEP案内が統国寺を取り上げた! »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック