« ThangkaClubの記事が大阪日日新聞に | トップページ | 神代文字ってどーなん? »

2009年2月 3日 (火)

新興宗教の美術史をまとめなければならないと思う

新興宗教批判をよく書いてるように思われるかもしれませんが、私は極度に博物趣味なので、雑多な信仰がいろいろあるのは豊かだと思うし、むしろ好意的なのです。実は。

ただ、権威を欲しがって既存仏教の信仰があった場を金やらなんやらで乗っ取ったり、金で買った権威で善良な人を騙すようなこと言ったり、そういう姑息なことをやる教団が嫌いなだけなのです。

新進の宗教というならそれでいいし誇ればいい。フレッシュな革新的な考えだと胸を張ればいいのです。けど、多くの新興宗教が既存の権威を欲しがって、横暴なことをします。

既存の信仰がある場や物を、我が物にしようとしたりします。それってそれを信じてきた信者をないがしろにする行為で、非常にナメた行為なのです。

そんな既存の権威を乗っ取らねば揺らぐような信仰なのか?という話しです。

ですが、そういうのを除けば、それぞれの新宗教は別にはいそうですかというだけで異論は無い。むしろいろいろな信仰がたくさんあって対話しあうカオスな世界が理想だとすら思う。フリーダム!


さて、そんなわけで胡散臭い新宗教が多すぎて、全部色眼鏡で見られてしまうわけで、そのため彼らの信仰内容や教学について部外者が本格的に深入りして研究するという動きがほとんどなく滞っているわけです。

これは美術方面に関しても同様で、新宗教の美術・工芸といったものは全くと言っていいほど本格的な研究分野になりえてない。

だがしかし、幕末の教派神道からたくさんの宗教が時代を経てきた。そのあいだにはいろいろな美術品や建築を生み出してきたことでしょう。幕末-明治あたりの古い信仰だと変遷史など美術史の資料にすらなりうると思う。

近年の宗教美術だってそれぞれの信仰に基づいた美術として興味深い存在だろう。


しかしそれらが信者以外に知られているとは言いがたい。

敷居の高さゆえに研究が進まないということもあるのでしょうが、私個人としては非常に興味ある文化です。


部外者なので、教団の宣伝用の印刷物からの断片的情報しか得られないのですが、資料見っけたら保護してます。(結局先の記事で挙げたオウムグッズをサブカル的に集めるオーマーも同じく民俗学的興味なわけです)

真如苑だったら、なぜか毎日新聞社が出した「ブッダ最後の教え—真如苑--涅槃経に生きる人びと」という書籍にいろいろ仏像やら美術品載ってておもしろかったです。

その他の新宗教についてもいろいろもっと見たい。

そういうのを専門に研究してるかたって居ないのかなあ?大学の研究者だったら俺絶対この分野やってますよ!

だってこの分野すっごいおもしろい。PL塔とか建築だけ見ても変なものがいっぱいある。雑多な新宗教美術が世には大量にあり、底なし沼のような世界で燃える。


PL教団のPL塔と言えば、昨年11月22日の毎日新聞、の「建築夢伝説」という世の建築を見ていく連載記事で取り上げて、切り抜いておきました。筆者は国際日本文化研究センター教授(風俗史)で建築史家の井上章一氏。

現地取材をして建築家の視点でPL塔を考察しており、これよこれ!この視点が新興宗教研究では抜け落ちてる!と思いました。

こういう視点がもっと盛り上ればいいなあとこの記事見て思いました。


しかし信者じゃないとなかなか見る機会もなかろうし、教団潜入でもせんといかんのだろうか?

研究者を名乗ればわりと好意的に見せてもらえたりするのだろうか?

そんなわけで、私は最近むしろ新興宗教の信者のひとと積極的に知り合いになりたい気もするのである。


美術見るためを別にしても、そう身構えず、彼らと対話していくのもアリじゃないかと思うのです。宗教間対話が無いから暴走するというところもあると思うんですよね。

オウムも(真っ向からの論争という意味含め)既存仏教が対話していたら教義はああいうふうに進化しなかったのではないか?また巨大化しなかったのではないか?

腫れ物に触るような対応はほんとは事態を悪化させてるだけではないかと思うのです。

論争すりゃいいし、ぶつかりつつそれぞれ影響しあうものではないのかなと。みんな触れず近寄らず、温室のように培養してしまうから歪な成長するのではないかと思うのです。

ガンガン触っていこーぜ!と私は思うのです。

それが彼らのためでもあろうし、我々社会のためなのです。

« ThangkaClubの記事が大阪日日新聞に | トップページ | 神代文字ってどーなん? »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417550

この記事へのトラックバック一覧です: 新興宗教の美術史をまとめなければならないと思う :

« ThangkaClubの記事が大阪日日新聞に | トップページ | 神代文字ってどーなん? »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック