« チベット・タンカ —モンゴルの神と仏— | トップページ | コミケ76で空也上人コスが! »

2009年8月16日 (日)

桜ノ宮・龍王宮が存続の危機に陥ってるらしい

退去迫られる在日祈りの場 「桜ノ宮龍王宮」 「貴重な文化遺産」惜しむ声も

http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=3485&corner=2


朝鮮寺といえば、生駒の朝鮮寺群が有名ですが、もうひとつ重要な拠点が桜ノ宮の川べりにある龍王宮。

在日二世の高田義雄(宋吉洙)氏が現在はオーナーを務めて、父親の残した龍王宮を現在管理しています。

基本的に寺院というより、プレハブ作りの貸し会場です。クッを行うための会場といった趣旨の場です。


なんでここにあるのか?

これは深い理由がある。

なぜかというと朝鮮寺の祭祀の起源が関係している。


まず、朝鮮寺というものは、朝鮮仏教とは本来ぜんぜん違う。朝鮮半島では禅宗系の曹渓宗がメジャーですが、そういう意味の朝鮮仏教の寺という意味の言葉では無い。ここは誤解無く。

これは朝鮮の土着のシャーマニズム祭祀がベースのものをいう。

正確に言うと、朝鮮シャーマニズム、巫覡祭祀をベースに、生駒の山岳宗教、つまりは修験道をや密教を取り入れ、生駒山麓に戦前に生まれた宗教文化全般をいう。

戦前の大阪に住んだ朝鮮出身者が作り出した習合宗教です。

朝鮮半島の仏教でもないし、修験道や密教でもない、また朝鮮シャーマニズムそのままでもない、「在日の宗教」としか呼べないものでした。


ここで重要な事実があり、戦前の生野界隈に移民してくらしていた朝鮮出身者ですが、そのほとんどが済州島出身者であるという事実はあまり知られていない。

天理大学朝鮮学会の機関紙を戦前の分を以前朝鮮寺研究で読みまくってたとき見ましたが、戦前の政府が東京と大阪の朝鮮移民の出身地域調査をやった統計結果がありまして、なんと8割が済州島出身者なのです。

さらに基礎知識として押さえておかねばならないこととして、済州島というところは14世紀ごろまで朝鮮ではない。耽羅国という国で独自の星主と呼ばれる王様がいて、言語も習俗も違う別民族でありました。

ハングルを開発するなど強力な中央集権を行った時代に星主は廃され併合されます。

李氏朝鮮時代には儒教と称して無茶苦茶なカースト制度ともいうべき差別政治が行われましたが、異民族の済州島民は底辺に置かれ辛酸を舐めます。日本に多く移住してきた背景にはそういう朝鮮の根強い済州島差別文化という暗い歴史があるのは否めないだろう。

さて、このように文化的に大きく違いのある済州島。その出身者が8割を占める戦前の朝鮮寺という場は朝鮮というより済州島なのです。

つまり、済州島シャーマニズム+修験道(&密教)=朝鮮寺なのです。



ここで龍王宮の話に戻ります。文字通り龍王を祭るわけですが、済州島にも朝鮮半島本土にも巫覡祭祀はありますが、研究者の報告によれば、違いは確かにあります。

虎を引き連れた山神を朝鮮半島では特に重視しますが済州島では重視しないとか、済州島では特徴的な文化として「蛇神」を祀る信仰があるといったような特徴があります。

つまり、蛇の王たる龍王を祀る龍王宮は極めて済州島的であり、戦前の本来の朝鮮寺文化を残すわけです。


戦前や戦後まもなくの朝鮮寺群の在日一世世代の略歴は宗教社会学の会の研究などによれば、明らかにやはり済州島出身者ばかり。

済州島は海人の国です。祭祀は本来山では完結しないのです。そのため、海に面した龍王宮が必要だったわけです。

生駒の山奥でクッを行って、最期に龍王宮で流す祭祀を行ったりする。

そのような龍王宮は龍王を祀る済州島の祭祀が特にきちんと残る場なんです。朝鮮寺信仰において、龍王宮は必要不可欠な場であり、これが無くなるというのは単なる1つ朝鮮寺がまた減ったという意味以上のインパクトがある事柄なわけです。



宗教社会学の会の研究によれば、朝鮮寺は後継者不足で、巫女を朝鮮半島から呼び寄せて祭祀を行ったり、後継者居ないからそのままそれら非済州島系の巫覡祭祀に置き換わる例が凄く増えています。

今の各寺のオーナーのリストを見ると、昔はほとんどが済州島系だったのに、いまではせいぜい3割ってとこじゃないでしょうか。

また祭祀内容も、日本の在日が生んだ済州島シャーマニズム+修験道(+密教)という朝鮮寺祭祀でなく、朝鮮本土シャーマニズム+韓国仏教(曹渓宗)に置き換わる例が増えている。

曹渓宗は禅ですから、「巫覡+禅」ってことになりますが、本来の在日宗教としての朝鮮寺は「巫覡+密」であるはずで、これは実は大きな変容であります。

朝鮮半島では曹渓宗は禅宗とはいえかなり現世利益的側面があちらの仏教は強く、わりと巫覡文化とも習合してるわけでして、その朝鮮半島の祭祀をそのまんま移入したようなものになっている。

これでは在日一世世代が考えて育んだ在日宗教としての朝鮮寺信仰は消えてしまう。あまり彼らも深く考えてないのかもしれないし指摘されてないが由々しき自体だと思う。


で、そんな中、あくまで済州島系の信仰文化の流れを組む、本来の在日宗教としての朝鮮寺文化を守る中心が、まさにこの高田氏であり、龍王宮なのです。

これは文化的に守らないといけないと思う。

確かにごたごたのなか素朴に川べりで祭祀やってたのが拡大して、結果不法占拠になったという流れなのだと思うが、行政と話あって、きちんとした落しどころで納めて欲しい。

具体的にはいくらかの金銭で買うとか、土地占有料を納めることで利用許可を出すとか、そういうお年どころにすべきだ。(たぶんでも土地利用料は納めてるんじゃなかったっけ)


なんか大阪の行政は水都大阪をイベントでやろうと、チラシ作ったりしょっちゅうやってるけど、誰も乗ってない赤字垂れ流しで船で遊覧とか役人のオナニーみたいなそんなくだらないことで、景観のためとかで撤去求めてるは愚かしい。

これは学術的にも貴重なもので、残さないとダメだ。

たぶん行政にありがちな、金の問題とかでなく、見た目の綺麗さとかそんなことで立ち退けつってんだと思うけど、相応の利用料取ることで存続を認めるべきだと思う。

龍王宮が無くなれば、戦前から続く済州島系の正しい在日宗教・朝鮮寺の祭祀文化は潰える可能性が高い。

日本の朝鮮寺の祭祀が全部朝鮮半島本土の祭祀に置き換わってしまう。これは大きな文化的損失だ。

お役人は水都大阪とかいってペラペラなイベントやるより、文化というものを考えるならもっと貴重なものがあることを知らねばならないだろう。

« チベット・タンカ —モンゴルの神と仏— | トップページ | コミケ76で空也上人コスが! »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417583

この記事へのトラックバック一覧です: 桜ノ宮・龍王宮が存続の危機に陥ってるらしい:

« チベット・タンカ —モンゴルの神と仏— | トップページ | コミケ76で空也上人コスが! »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック