« 統国寺住職の崔無碍氏のトンデモ史観を批判する | トップページ | 首無地蔵信仰は世界に通用するのか? »

2009年12月11日 (金)

在日ベトナム人向け寺院、南和寺

埼玉県越谷市に南和寺というベトナム寺院があるそうです。


在日ベトナム寺院 「南和寺」

http://betonamujin.com/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E7%B4%B9%E4%BB%8B/173.html


>埼玉県越谷市にある「しらこばと公園」の隣の土地に、2年ほど前に建てられた。

>住所:〒343-0802 埼玉県越谷市小曽川 1019-2

>ベトナム語名: "Chua Nam Hoa"  

>「南和寺」というのはベトナム語を日本語に当て字したものです。 2006年1月1日に開院され、

>現在、唯一の在日ベトナムの寺院です。 在日ベトナム人向けのお寺ですが、もちろん誰でもお寺に訪問できます。


ほうほう。それは珍しい。

ベトナムは大乗仏教で中国仏教の影響が強いが、南伝仏教的な空気も寺院建築とか荘厳見てるとあっておもしろいなあと思ってたので、こういうのがあると知り、非常に好奇心をそそられた。

(個人的に最高におもしろいと思うのは、ラオス仏教の建築など。南伝と北伝、インド意匠やらなんやらいい具合にごた混ぜで、凄い革新的な仏教美術のような気がする。ベトナムはちと中国寄りすぎる)


南和寺情報をさらにさがすと、珍寺大道場にも記事があった。

http://www41.tok2.com/home/kanihei5/saitama-namhoatu.html


電飾光背!ベトナムではメジャーな様式なのか!

非常にベトナムのスタンダードを踏襲しているというべきか。

おもしろいなあ。

我々日本人は仏像っていうと静的なものとはなから決め付けてしまってるけど、こういう動きというか映像的な手法を荘厳に入れるというのは決してバカにできないと思う。

例えば寺院の中で電飾ビカビカでなくともいいけど、照明とか映像投射とかそういう視点を取り入れるのは21世紀の荘厳として考えてもいいものなのかもしれない。

中世だって灯篭だ行灯だなんだというのは、結局そういうものとしてあったわけですし。窓からの日差しとかいろいろ動的な思想はあったと思うのです。実相院の床とかも、今でいえば映像を屋内デザインに取り入れたようなもの。

仏教寺院荘厳に映像の視点を!というのは自分は考えていってもいい革新のように思います。

こういう発見があるから異文化を見るのは楽しい。決まりきったうちで知った気になってると発想がタコツボ化してしまう。


あとは、Googleキャッシュにしか残ってないんだけど、HIKARI VIETNAM TRADING & SERVICE CO., LTDという会社のサイトに、南和寺情報。

ベトナム貿易の会社なのかな?なんかベトナムの寺院巡り&紹介コーナーが過去あったみたいで、南和寺も。

http://74.125.153.132/search?q=cache:7OvwMsckOGcJ:hikari.com.vn/modules.php%3Fname%3DNews%26opcase%3Ddetailsnews%26mid%3D1713%26mcid%3D414%26subid%3D%26menuid%3D754


ベトナムのラジオで埼玉のベトナム寺ということで紹介されてたそうである。


>住職は高尚なベトナム人住職らしく、テト(旧正月)のときにはベトナム人だけでなくタイや中国など、

>ほかのアジアの人々もお参りに来るということだった。そして、露天がならんだり、テトの祭りの写真も載せてあった。

>そのホームページには他にも多くの写真が載っていて、そのお寺の入り口には、ベトナムでもよく知られた

>やさしい顔の「白い観音菩薩」が立ち、陶器に漆を縫って出来たお坊さんの像、

>そして日本人にはなじみのない大きな「金色の仏陀」が仏壇の奥で、手を合わせている写真が載せてあった。

>しかし、これ以外のホームページで調べて見てみると、日本人はこのお寺をタイのお寺と勘違いしたり、

>「謎のベトナム語」や「金ぴかの仏像」何を表しているのかさっぱり分からないので、「不思議な場所」と思われているらしいということだった。



ここの紹介でさらに南和寺のベトナム語のサイトを知れた。


Chùa Nam Hòa

http://chuanamhoa.com/

これが公式サイトかな?

こちらはベトナムのフォーラムの紹介スレッド。祭りのときの写真がいっぱい載ってる

http://vnphoto.net/forums/showthread.php?t=15771

賑わってる。若い人も多く参拝してるんですなあ。

埼玉は遠すぎるから行けないけど、近場だったら訪れてみたいとこだったです。

関西もベトナム人多い地域あるし、作ればいいのに!



------


あとはついでにググったら出てきたドイツのベトナム人寺院Vien Giacもメモ。

http://www.viengiac.de

こういうの各国にあるんですなあ。


こういうアレな話もみっけた


ベトナムが仏教寺院を破壊

http://blogs.yahoo.co.jp/duxfunt/29685433.html

ベトナム政府が許可なしで仏教を実践している僧院を破壊して僧侶と尼僧を追放したって話。

英語の記事です。

http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5huZvToBR4o2ATZCA5185QPtDcmRg

寺院のブログ:

http://helpbatnha.org/2009/09/bat-nha-monastery-completely-destroyed/


正直どういう裏事情があるのか分からないし、安易にベトナム政府は悪!とは言わないけど、なにがあったんでしょかねえ?

ベトナムは寺院いっぱいあるし別に仏教禁止なんかしてないはずで、許可取ればいいだけだろうし、どういう寺院なのか、なぜこの寺院に限ってこうも高圧なのか、気になるところですね。

ベトナム人とかベトナム語分かる人どっかで(日本語で)現地情報解説してないかな~

« 統国寺住職の崔無碍氏のトンデモ史観を批判する | トップページ | 首無地蔵信仰は世界に通用するのか? »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417628

この記事へのトラックバック一覧です: 在日ベトナム人向け寺院、南和寺:

« 統国寺住職の崔無碍氏のトンデモ史観を批判する | トップページ | 首無地蔵信仰は世界に通用するのか? »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック