« 最後の琵琶盲僧、永田法順さん死去 | トップページ | 「世界遺産への招待状」2010/01/04 »

2010年1月28日 (木)

2010年初詣は大阪護国神社に

近年は、ジジイになったのか、日本人の文化風習を貴ぶのはむしろ粋であると思い出して、それに添ったことをあえてしようしようとしています。

都会っ子ゆえにそういう日本古来の伝統文化が相当希薄な中育ったゆえの無いものねだりのような気もしますが…

(都会ッ子が田舎暮らしに憧れたり、逆に田舎育ちが上京夢見たり的な)


昔は、初詣とかアホらしい。願い事なんぞねぇよ!神なんて居るか!自分でなんとかすらあ!という主義であり(今でもそうだけど)小学生の頃とか、家族がみんなで初詣行くのに「行かね!」と言って、親父と大喧嘩とか毎年してました。しまいにゃそれが嫌で元旦は朝から遊びに出て、決して初詣にはいかぬというのが主義でした。

鏡餅も注連飾りもアホくさい、無駄金使うなよ!みたいなことを思ってました。


けど、それは浅かったなあと思うのです。

神仏にガチに願うとかやっぱりアホ臭いと思うのですが、日本民族の伝統文化・習俗としてそれらを許容する度量があっていいのではないか?という境地にいたったのです。

例えばいろいろ地域の祭りとかありますが、それを伝統行事として愉しむ度量くらいないとつまんないと思うんですね。

地域の祭りは本来は五穀豊穣を神に願ったり、無病息災を祈るものだったりしますが、そこまで本気でやらねば凶作で死ぬ!と神仏にすがりきってる人がどれだけいるでしょう。実際には初詣でおみくじ引くようなもんで、ちょっとしたお戯れ、楽しいハレの儀式としてあるもんです。


初詣にしろ、注連飾りにしろ、本来は意味合いがありますが、日本人の伝統的な生活風習にもはや属するものであり、それが無いって文化的に貧しいですやん?と日本人として思ったわけです。祭りやなんかと同じレイヤーのものとして貴ぶのが粋ってもんでしょう、と。

能楽を愉しんだり、雅楽を聞いたり、そういう日本の伝統文化の一環として、こういった民衆風俗を捉えれるようになったということです。



…というわけで!初詣!ここからやっと本題。


どこいくか~?というのは毎度悩むところです。近所の神社仏閣は有名どころもいっぱいあり、毎年悩む。

というわけで、江戸時代まではあった習俗である恵方参りを昨年より行っています。

恵方参りというのは、自分の家から見てその年の神様(歳徳神)の居る方向の神社に参るという習俗で、近年関西の節分の恵方巻きなんかが全国区になりましたが、あの恵方です。

江戸時代まではそうやって毎年違う神社仏閣に参るものだったんですが、明治以後廃れてしまった文化です。それをあえてやろうと。


さて今年の方角で地図を眺めると…正確な方角には大きな神社って思い浮かばない。

比較的住吉大社が近いかなあってとこ。全国の住吉大社の総本社で激メジャーで、すっげえ混んでるところです。

なんかあたりまえすぎてつまんない…七五三で行ったとこだしもういいじゃんという気がする…


そもそも恵方とは少しずれるし、ガチに恵方の方角で無理矢理探す。聞いたことない小さな神社とかが多いのですが(恵方の方角に無いわけじゃあない)、かなり先のほうまで探していくと、「大阪護国神社」というのがあった。これだ!笑

護国神社というのは、英霊を祭る神社です。軍の戦没者供養の神社。靖国は単立神社ですが、護国神社は全国にあり、こちらは神社本庁に入っています。

初詣で護国神社かよ…と思ったが、どうやらそこそこ大きい神社らしいし、恵方で…と考えると大阪護国神社が実際正しい。


というわけで行ってきたんですが、普通に地元民からは、地域の大きな神社ってことで初詣スポットになってるじゃあないか。なんだ拍子抜け。

ただ、英霊供養碑が立ち並ぶ区画もあり、そちらは一種独特な空気ありますね。○○連隊供養碑みたいのがずらずらならんでますし、航空部隊の碑はプロペラ付いてたりしますし、第二次大戦をいろいろ思い起こさせるスポットでした。

軍馬や軍犬、軍鳩の供養碑まであるのは驚きました。


あとはまあ普通の神社ですね。バイトの巫女さんが御守りとか売って、出店が出て、神主がお祓いして…普通の新年の神社の光景。

自分は、My朱印帳に朱印貰ってきちゃったよ。書きあがり待ってる間寒いでしょうと、中に入って待たされたり、親切であった。


絵馬も普通で、受験合格祈願とか恋愛成就とかそんなのばっかりですし。

1枚だけ「国賊民主党政権が倒れますように!!!」というのがあって、なるほど…と思ったけど(笑

まあ総体としては普通の地元で信仰されている神社です。変なバイアスかけて見ず、参拝したらいいんじゃないかな、と思いました。

以上、新年早々英霊に敬礼してきましたって話でした。


大阪護国神社

http://www.osakagokoku.or.jp/

昭和天皇に今上天皇皇后両陛下も訪れている。

やっぱ靖国は昭和天皇にとって我慢なら無い人物が含まれてるってのがあるんでしょうね。東条か誰かはなんともわからんけど。純粋に戦死したかたがたには慰霊の念はあろうと思います。軍馬とか犬までる文化ですし。

« 最後の琵琶盲僧、永田法順さん死去 | トップページ | 「世界遺産への招待状」2010/01/04 »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417643

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年初詣は大阪護国神社に:

« 最後の琵琶盲僧、永田法順さん死去 | トップページ | 「世界遺産への招待状」2010/01/04 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック