« 書評『朝鮮寺刹史料 上,下』 | トップページ | 済州島とトルハルバン、そして「地」の文化圏 »

2010年2月21日 (日)

台湾三十三観音霊場

韓国ばっか取り上げるのもなんなので

台湾三十三観音霊場を取り上げたい。

こちらはずっと先行して2001年にできている。

韓国のほうは旅行会社タイアップの企画ってのがまずあるけど、

こちらは台湾好きの日本の僧侶の東海亮道さんが台湾の寺巡礼を続けるうちに、観音信仰盛んなんだしというわけで97年に創設を発起、呼びかけて実現に至ったというもので、

もう少し自然発生的ではある。

巡礼ガイド本でおなじみの朱鷺書房から『台湾三十三観音巡拝』という本も2004年に出ています。

調べるとちと不可解なことになっている。

これは当初やはりそんな文化台湾にないし日本の観光客向けだったわけです。

日本の公式サイトはここにあった。http://www.taiwan33.com/

ところが、もうサイト潰れて繋がらない。

一方で、中国語版サイトは健在だったりする。

http://33.westemple.org/


これどうなってんだろう?

日本ではもう注目もされてないようだし、公式サイトすら潰れてるのでもわかるとおり観光会社もそない力入れてないっぽいし…

一方台湾では受け入れられてるのだろうか?単にサイト維持してるだけでもう開店休業常態なのだろうか?

中国語サイトを見ると少なくとも2005年あたりの記述はあるので、その時点では活動してるのだろうけども。

2004年にはガイド本も出てますしね。

その後どうなってるのか。

とりあえずWikipediaの項

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E4%B8%89%E5%8D%81%E4%B8%89%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E9%9C%8A%E5%A0%B4

« 書評『朝鮮寺刹史料 上,下』 | トップページ | 済州島とトルハルバン、そして「地」の文化圏 »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417657

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾三十三観音霊場:

« 書評『朝鮮寺刹史料 上,下』 | トップページ | 済州島とトルハルバン、そして「地」の文化圏 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック