« 韓の国 三十三観音聖地 は今どうなってんだろ? | トップページ | 台湾三十三観音霊場 »

2010年2月21日 (日)

書評『朝鮮寺刹史料 上,下』

韓国にはどんな寺があるんだろ?

旅行会社の企画である韓の国 三十三観音聖地のリストを見てて、曹渓宗以外の寺にも見るべきところあるのかなあ?と考えました。

そこで、明治時代の朝鮮総督府の発行した『朝鮮寺刹史料 上,下』を調べることにしました。


http://porta.ndl.go.jp/service/servlet/Result_Detail?meta_item_no=I000126208&meta_repository_no=R000000008


ひたすらその当時の調査の寺らしい名前をピックアップ。

この資料は、石碑や古文書に記された寺の寄進や創建、建て増しなどの記録を集めに集めまくって、当時もう見る影も無い朝鮮半島の仏教遺跡を再評価しようという本です。

古文書羅列なので、日本発行にも関わらず99%漢文です。和文は最後の後書きくらい。

今の韓国ってハングル文化で漢字読めない人ばかりですが、昔の新羅や高麗時代の朝鮮半島は漢字文化なんだなあということがよく分かります。ハングルよりむしろ日本人には分かるのでありがたかったです。


なお、流し読みしただけなので抜けてるのも多くあります。

寺名らしきものをピックアップしただけで、同じ寺の時代ごとの別名が並んでいたり、漢こんな字出せないよ!ってのはもう省いたりもしています。

載せた字も変換して出すの面倒なので旧字を改めたり勝手にしてます。(仏の字とか)

要は自分があとでこれを資料にさらに検索したりして調べようというものなので、「オレが分かればよかろう」なのです!


大興寺

天磨山観音寺

開国寺?

白雲山内院寺(白雲寺、古名:興龍寺)

舎那寺

梓林寺

○智山 龍門寺

雲嶽山 懸燈寺

龍珠寺

於玆寺

心腹寺

三聖山 三暮寺

虎○寺

七賢山 七長寺

鳳尾山 報恩寺

神勒寺

石南寺

賓鳳山 華厳寺(全羅南道)

華蔵寺

観普寺

津寛寺

奉恩寺

永寧寺

迦智寺

普光寺

瑩源寺

俗離山 法住寺

国寧寺

重興寺

荘巌寺

雉岳山 白蓮寺

公○山 上庵寺

覚仏寺

天摩山 重華寺 永同郡

菩薩寺

輔国寺

安心寺

白巌山 浄土寺(全羅南道)

智異山 雙谿寺(今の漢字だと双谷寺?)

中峯山 竹林寺

母岳山 仏甲寺

霊鷲山 興国寺(全羅道)

霊鷲山 大興寺(江原道)

仏護寺

聖徳山 観音寺

園甲寺

法泉寺

龍泉寺(全羅南道)

仏甲寺

泰安寺

泉隠寺(全羅南道)

萬徳山 白蓮寺

曹渓山 修禪社(現・松廣寺)

曹渓山 仙巌寺

開雲山 桐華寺

香林寺

雲動山 道詵庵

楞伽寺(全羅南道)

八影山 西仏庵

天鳳山 大原寺

大興寺

仏霊山 雙渓寺

月出山 道岬寺

萬淵寺

天台山 開天寺

中條山 雙峯寺(全羅道)

虎踞山 雲門寺

内延山 賓鏡寺

鶴駕山 陳月寺

盤龍寺

法住寺

青巌寺

浮石寺

草庵寺

直指寺

荘陸寺

杷溪寺

南地蔵寺

龍淵寺

富貴寺

真仏庵

修道寺

水泰寺

華山 麟角寺

架山 天主寺(P221、なんかキリスト教臭い名前。また調べとこう)

栢栗寺

冷山 桃李寺

道成庵

消灾寺(現・瑜伽寺)

大見寺

天柱山 北長寺

淵嶽山 甲長庵

東海寺

吾魚寺

大乗寺

金龍寺

華蔵庵

養真庵

銀海寺

金公護寺

百興庵

寄寄庵

妙峯庵

○雲山 孤雲寺

天燈山 雲嵐寺

般放山 持賓寺

金城山 水浄寺

住月庵

伽倻山 海印寺(八萬大蔵経で有名ですね)

月牙山 青谷寺

碧芳山 安静寺

弥勒山 龍華寺

義林寺

匡山寺(白蓮寺ともいう)

亀龍寺

白龍庵

仏母山 長有庵

興府庵

西林寺

龍湫寺(長水寺内)

通度寺

霊源庵

新興寺

五峯庵(別名、玉泉庵)

東竺寺

龍門寺

望雲山 霊蔵寺

望雲山 花芳寺

蓮華山 玉泉寺

臥龍山 雲興寺

載薬山 霧井寺(漢字あやふや。霧かどうか分からない)

表忠寺(表忠祠)

牛頭山 見巌寺

大徳山 演水寺

栗谷寺

大聖山 浄庵

智異山 大源庵

智異山 霊嶽寺

方丈山 深寂庵

方丈山 花林庵

石南寺

多率寺

金剛山 乾鳳寺

鳳○山 深源寺

法泉寺

賢渓山 居頓寺

雉岳山 亀龍寺

五○山 月精寺

禁夢庵

修真寺

天竺山 仏陰寺

仏皈寺(今の字で言うと仏返寺? 新羅の義湘が創建)

五坮山 青鶴寺

龍淵寺

洛山寺(新羅の義湘が創建)

雲岳山 神興寺

紅蓮庵(新羅の義湘が創建)

禾巌寺

観音庵

龍興庵(隠跡寺)

金剛山 長安寺

金剛山 表訓寺

都山寺

安養寺

深源寺

達磨山 少林寺(少林寺?)

高達山 菩薩寺

壱陀寺

孔雀山 水堕寺

天子山 開花寺

法蓮寺

法引山 法興寺・重興寺

香積山 陽和寺

香積山 保国寺

香積山 華厳庵

香積山 上雲庵

松林庵

天王寺

国明寺

金仙寺

深源寺

龍雲寺

菩提山 普光寺

白碧山 見性庵

稷田寺(稷=キビ)

妙香山 安心寺

銀角山 普賢寺

薬山 捿雲寺

天柱寺

明道庵

萬合寺

妙香山 普賢寺

賓月寺

国清寺

松月山 鶴林寺

千聖山 成仏寺

聖居山 霊竺庵

白鹿道観寺

慈悲山 心源寺

神光寺

燃燈寺

香林山 玉水庵

賓盛寺

萬徳山 福興寺

大徳山 定光寺

成仏山 安仏寺

雪峯山 釈王寺

盤龍山 曹渓寺

盤龍山 夢月庵

開花寺

白雲山 歓喜寺

廣興寺

聖徳山 普門庵

千仏山 開心寺




こうやって見ると、韓の国 三十三観音にある寺名もちらほらありますね。

この資料では大寺らしいけど無い寺もあるので、現存してないのか、それとも他宗としてあるのか、また今度調べてみたいです。


朝鮮寺刹資料巻末付記も読むとこれの意図と当時の状況が分かっておもしろいと思います。

下巻222ページに載ってます。

明治期の文書なので、「緇素提誨」やら「亀鏡」とか書かれても意味分からない人が現代多いでしょうが…

(緇素=僧・俗供に。提誨=訓示。亀鏡=手本)


まあ要するに、朝鮮の寺刹は、そのほとんどが新羅・高麗の両王朝時代の仏教隆盛期の大昔のものであるが、現在省みられることもなく荒れ果てていて酷いありさまである。著名な遺跡も酷い有様である。なので、公文を集めまくって、それらの起源を明らかにして、後進の奮起を促したいというのが、これを調査・編纂した意図である。

…ってはなし。明治44年、内務部地方局においてとある。


この頃は明治初めの過激な廃仏毀釈の反省から、逆に西欧最高!でなく、東洋的な価値観や文物に価値を見出すというゆり戻しがありまして、内地でも廃仏毀釈運動は完全に終わっています。そして仏教の再興運動のようなものもありましたから、そういうムーブメントの中で、朝鮮半島の仏教は李氏朝鮮時代に徹底的に破壊されていましたから、それの再興という思想も出てきたのでしょう。


ただし、朝鮮半島の仏教再興運動はいろいろ難儀な話もあるようです。

ここに出てくるような新羅・高麗の高度な仏教理論を持った、ある意味正当派仏教はいいんです。官民あげて復興支援がありました。

一方で李氏朝鮮の弾圧期を経て、朝鮮仏教はシャーマニズムと結びついたり、論理より現世利益の土俗信仰のような要素が強まっていたというのもあるわけです。

この手の迷信的なものは政府はかなり厳しく管轄しますから、そういう意味で朝鮮仏教の弾圧と取られるような部分もあったとはいえると思います。

仏教はいいけどシャーマニズムはダメってことです。このへんを統制しようとはしていますね。


民を騙して大金せしめる邪教・韓国ニセ仏教みたいなイメージも日本側にはあったようで、そういう韓国仏教が内地でまで霊能者業をやって警察沙汰なんて事件もあったようで、胡散臭いイメージで少なくとも日本人からは見られていたわけです。(内地ですら)

朝鮮半島ではどうか?ってのはなんともいえないんですけど、一方で李氏時代に廃れて歪になった仏教はおかしいと、日本仏教界の支援の下、新羅・高麗の仏教を取り戻そうという動きも朝鮮側にも当然あります。

ただ仏教界ではなく民衆レベルでは、あの山の寺の坊さんの呪術は効くで!という民間信仰的な仏教はまだまだ需要あったんだろうなとは思います。

そういうアンビバレンツな状況に植民地時代の朝鮮仏教にはあるように感じます。

(在日朝鮮人の老人の話を聞くと、寺やシャーマニズムは胡散臭いものと捉えていたというのは聞くので、やはりそういう認識もまたあったのでしょう。これは日帝がどうこうというより、文明開化以後の近代啓蒙主義の結果当然の話かもしれませんが)


戦後、朝鮮仏教はナショナリズム的な要素を孕み、なぜか日帝(もしくは秀吉)に滅ぼされた仏教を復興しよう!と大真面目にやっています。

(曹渓宗総務院長「独島はもちろん、沖縄と対馬も韓国の領土」http://daira.iza.ne.jp/blog/entry/656051/

元寇の際に対馬占領したとかいう意味かなあ?それ言い出したら逆に日本の朝鮮支配を正当化できちゃうんだけど…。沖縄は意味不明)

しかし朝鮮仏教を破壊したのは明らかに李氏朝鮮です。秀吉軍の頃にはもう破壊されてます。むしろ日本は仏教復興におおいに尽力しています。

今回取り上げた労作の研究などが無ければ、今のような朝鮮仏教自体存在しないでしょう。

戦後、曹渓宗が中心になって復興に尽力している朝鮮仏教は、日本側が復興しようとしたお堅い朝鮮仏教の方向性で、ほんとは日帝に弾圧された朝鮮独自の仏教を!…というなら、政府が弾圧したシャーマニズムと結合したような現世利益中心の祈祷宗教なはずなので、変なことになってるなあ…という感想です。

« 韓の国 三十三観音聖地 は今どうなってんだろ? | トップページ | 台湾三十三観音霊場 »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417659

この記事へのトラックバック一覧です: 書評『朝鮮寺刹史料 上,下』:

« 韓の国 三十三観音聖地 は今どうなってんだろ? | トップページ | 台湾三十三観音霊場 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック