« 仏像ガールさんの「勉強は要らない」は危なっかしい | トップページ | 牧島如鳩展なんてあったのか! »

2010年3月24日 (水)

島根で摩多羅神像の座像が発見される

安来・清水寺に最古の摩多羅神像@山陰中央新報

強烈な霊威を放つ秘神として知られる摩多羅神(またらしん)の座像が、安来市清水町の清水寺で見つかった。

鎌倉末期の作で、制作年が明らかな像としては最古。近年、注目されるようになった摩多羅神の像は、全国で数例しか確認されていない。

研究者は「タイムリーな発見。類例のない重要文化財級の神像で、摩多羅神研究に大きく役立つ」と評価している。

 島根県古代文化センターが行ってきた県内の仏像調査の一環で清水寺宝物館で発見、昨年2月に最終確認した。神像の胎内には墨書銘があり、嘉暦4(1329)年、清水寺常行堂の「摩多羅大明神」として、奈良の仏師・覚清が造ったことが分かった。

 神像はヒノキの寄せ木造りで高さ53センチ。顔は笑っていて、元は左手に持った鼓を右手で打つポーズだったらしい。

 清水寺の清水谷善圭貫主の話では、約20年前の雪害で、神像が安置されていた護法堂が壊れ、宝物館に移されていた。神像らしいと分かったが、摩多羅神とは気づかなかった、という。

http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=518634004

おおっ、これはレアすぎる!

図像としては摩多羅神像はいくつか知られていますが(それでも少ない)、立体物はほとんどありません。比叡山にある像は写真見たことあるけど、こんな立派そうなのは初めて見た。

顔が笑ってるとか、鼓を持つ姿とか、確かに摩多羅神の図像のベーシックな形をそのまんま立体化している。

重要文化財級と記事にはあるが、確かに重文になるかもしれないくらいの貴重な作例だと思う。

(摩多羅神と言えば、円仁の渡海の際に現れた異邦の障り神で、祭れば往生を約束するというものです。…とすると、円珍の渡海における新羅明神伝説がそれを踏まえたものとすると、もしかしたら三井寺の新羅明神像は、摩多羅神の変形なのかもしれない…)


清水寺の摩多羅神像は4月26日から5月5日まで、同寺宝物館で公開。出雲市大社町の島根県立古代出雲歴史博物館で、今秋開かれる「神々のすがた」展でも展示される。


すごい見たいっす。

島根県立古代出雲歴史博物館「神々のすがた」展ってのも初耳ですが、これが出るところ見ると、神像というマニアックジャンルをやるのかな?これはなかなかおもしろい試みではなかろうか。

展示予定の展覧会は「古事記編纂1300年「神々のすがた」~古代から水木しげるまで~」というらしい。

https://www.izm.ed.jp/cms/cms.php?mode=v&id=167

古今東西の、本来日本では姿が無い神の姿をあえて絵や立体で表した数々の品を集めるって感じかな。


あと、島根県立古代出雲歴史博物館に今回の摩多羅神像についての記事があった。

http://www.izm.ed.jp/cms/news.php?mode=yoyakuadd&id=582


岩手県平泉の毛越寺、栃木県日光輪王寺等に祀られていることが知られているが、「秘神」とされ、像が公開されているものは極めて少ない。


…ということのようで、かなり貴重な作例です。


清水寺の摩多羅神も同寺の境内にあった常行堂に祀られ、公開されることが無かったが、大雪による背後の杉が20年前に倒壊、常行堂が破損したことにより収蔵庫に遷され、偶然の発見につながった。

常行堂倒壊に伴って接合部分が緩み、部分的に剥離がみられ、胴から膝にかけて多少の虫損が確認されるものの、全体には良好な状態で伝来。特に長らく外交にされされることがなかったため、褐色が少なく、彩色も鮮やかである。両掌は後補、持物を失っている。


公開は偶然の産物のようです。ここでも同じく秘仏扱いで納められてて公開なんか本来されてなかったのです。

そういえば秘仏というのはたいがい色とかも良好に残ってたりします。

毛越寺、日光輪王寺の秘仏もなかなかいい保存状態である可能性高いのかも?

摩多羅神は障り神ですから、作例自体少ないですが、そのかわりどれもこれも当然秘仏的になりそうですから、いい状態のものが残ってる可能性も。

« 仏像ガールさんの「勉強は要らない」は危なっかしい | トップページ | 牧島如鳩展なんてあったのか! »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417691

この記事へのトラックバック一覧です: 島根で摩多羅神像の座像が発見される:

« 仏像ガールさんの「勉強は要らない」は危なっかしい | トップページ | 牧島如鳩展なんてあったのか! »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック