« シアトルの神社、そして椿大神社の胡散臭い話し | トップページ | 仏像ガールさんの「勉強は要らない」は危なっかしい »

2010年3月22日 (月)

ググジャラー!北野恵宝は真言宗ではない!

なんかGoogleで「ググジャラー」の検索語で来る人が数日大量に居るのでなんだ?と思ったら、

探偵ファイルモバイルのオカルト研究家の山口敏太郎氏の連載コラムでこういうのがあったようだ。(オカルト雑誌のアトランティアとか監修してる人な)


真言宗は異星人か?

http://spy.co.jp/modules/wordpress/index.php?p=4493


内容はというと、

現代の日本でも異星人からの予言を受け取った人物がいる。それは兵庫県姫路市に住んでおり、真言宗本覚寺住職だった北野恵宝大僧正である。彼は真言宗諸派連合卍教団法王等の肩書きを持っており、宗教界の重鎮の一人だといわれていた。


という、北野氏の「オレは真言宗の重鎮」、「うちの寺は真言宗」という*フカシ*をそのまんま真に受けて伝えるという、宗教団体・霊能者宣伝に堕してしまっている。山口さん、これはアカンよ。きちんと調べなきゃ。

これらは祈祷師の北野氏の新宗教団体が吹聴している真っ赤なウソです。真言宗でもないし、真言宗の重鎮でも全く無い。信者がフカシを真に受けてその手のオカルトサイトで書いたりしてるだけです。これは北野氏の経歴を調べればすぐにわかる。

彼の率いる真言宗諸派連合卍教団や姫路にある本覚寺が真言宗なんて大間違いですよ。

彼は単なる弘法大師信仰の土俗的な祈祷師業のひとで、勝手に真言宗っぽい名前名乗ってるだけです。真言唱えて霊障払います!ってやってきたひとにすぎない。弘法大師像を祀れ!そうしたら運が開ける!みたいな。


で、ググジャラーってのは彼が出会ったと自称する宇宙人が話したという言葉で、

過去にうちのサイトでは、霊感商法事件を巡って卍教団の胡散臭いところを調べたので、その記事中にググジャラーのことも書いてたので訪れた人が多いみたいだ。


卍教団と真言宗不動寺、そして明覚寺グループ

http://d.hatena.ne.jp/ragaraja/20090616/1245129952

真言宗諸派連合卍教団と卍教団は別団体である(名前似てるだけ)

http://d.hatena.ne.jp/ragaraja/20090622/1245687914

で、結局明覚寺グループとの関連はいかに?

http://d.hatena.ne.jp/ragaraja/20090622/1245690338


これら記事は、真言宗諸派連合卍教団と、詐欺集団としてオウム以来の解散命令まで出された、霊感商法で有名な明覚寺グループとの関連性を指摘するBlogを発見して、マジかいな?と調べ、

また福岡にも別の新宗教として卍教団という団体が知られているので、これと北野氏の卍教団は別という話をした。

真言宗諸派連合卍教団に所属すると自称し、真言宗であると自称する霊感商法の祈祷師の類が続出してスピリチュアル界隈で営業してるのを散見し、危機感を覚えて調べたものである。途中悪名高い明覚寺グループとの関連を指摘するサイトも見つけ、さらに自分なりに考察したものです。


詳しくは上記過去記事も併読していただきたいのですが、

この団体は「真言宗諸派連合卍教団」以外にも複数の名前を使い分けてきた。

「真言宗金剛院派」という名乗りもあるようです。ただしこんな派閥は無い。Wikipediaに項目を作って「「真言宗善通寺派から独立した真言宗の一派である。」とさらっと書いてあるけど、どうも実態はぜんぜん違う様子。


宗教年鑑によれば、「1946年(昭和21年) 愛知県豊田市にあった金剛院の地にて、弘法大師像を祭ったのが始まり」とあり、要するに民間の弘法大師信仰ってだけ。真言宗の教学とはなんら関係が無い。


当初この弘法大師信仰の集団は「皇道治教陰陽道高野山大師教」と名乗っていました。新宗教ですね、明白に。

名前に陰陽とか入ってるのでも分かるとおり、陰陽道なんかも自称する胡散臭い祈祷師の団体です。

その後、略称というべきか?「皇大治教」という名乗りをするようになります。


新宗教・阿含宗の桐山靖雄は、この「皇大治教」にハマって皇大治教の横浜布教所をかまえたわけです。

桐山靖雄の得度というのはこの皇大治教が名前を変えた真言宗金剛院派でのもので、彼もこの祈祷宗教の系譜なわけですね。

(その後独立して阿含宗を立ち上げた)


その後北野氏の代になった皇大治教は、「真言宗諸派連合卍教団」や「真言宗金剛院派」と名乗り、あたかも真言宗のような名乗りで各地に寺院を作り惑わしている様子です。

そしてこの集団の近年よく使ってる実際の寺の名乗りが「真言宗○○寺」というものなわけです。これじゃあ素人は真言宗の正しいお寺なんだな、と勘違いしちゃうわな。山口氏の記事でも総本山の姫路の寺が「真言宗本覚寺」となってるでしょ。

でもこの団体は、祈祷師、まじない師の集団ってのが実際で、真言宗ではないよ。騙されてはいけない。


真言宗を名乗る寺は、本当に真言宗か分からないことがあるように思う。

単なる霊能者、祈祷師の類が、勝手に名乗って霊感商法をする事例が後をたたない。


本来真言宗や密教というのは、瞑想により悟りを得ようと修行するという仏教の系譜に明らかに入る流派です。

禅宗などはただ座り、瞑想により精神を高め、悟りにいたる修行論を持ちますが、密教というのは、瞑想に加え、行や場の様式も持ってトランス状態の場を作り、瞑想に励み悟りにいたるという流派なだけで、

要は瞑想論の流派として従来仏教と差違があるだけで、完全に仏教の範疇にある思想です。

(中世陰陽道などと絡み合った現世利益の祈祷としての密教はまた別ですが、これは密教教学というより陰陽道などとして捉えたほうが正しいと思います。少なくとも密教の教学的展開とは別)

単に瞑想において行など身体動作を加えたり、香を焚いたり火を燃やしたりといった場作りなども利用しようという考え方なわけですね。しかしあくまで修行して悟りを得ようという仏教のベクトルに位置するものだと思います。


ですが、北野恵宝氏と、彼の率いる免状与えた祈祷師集団が各地でやってる「真言宗○○寺」というのは、完全にそんなベクトルではなく、単なる霊能者業です。

これを真言宗という詐欺に荷担するような記事になっており、今回の山口氏の記事は問題があると思う。

既にこの末端の寺で霊感商法にあってるような話も聞いたことがありますし、ここにいけば出家を認めて真言宗の僧侶免状あげると、孔雀王読んでオウムに入るような部類のユルい子が騙されてるようでもあります。

こんなとこに金支払って免状貰っても、それは真言宗僧侶じゃないよ。

そうやって、自称霊能者、自称ヒーラーによるこの教団の末端の真言宗○○が増えていくわけです。


別に新宗教は好きにしたらいいけど、真言宗という権威をウソ付いて使うってのはけしからんと思います。

新宗教というものに私は独自の宗教としては敬意を払っているつもりです。しかしこの手の既存の信仰を利用したりするような、既存の他の信仰をバカにするような行為をする団体が後を絶たず、そういうものをきっちり批判したいと思います。

« シアトルの神社、そして椿大神社の胡散臭い話し | トップページ | 仏像ガールさんの「勉強は要らない」は危なっかしい »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417690

この記事へのトラックバック一覧です: ググジャラー!北野恵宝は真言宗ではない!:

« シアトルの神社、そして椿大神社の胡散臭い話し | トップページ | 仏像ガールさんの「勉強は要らない」は危なっかしい »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック