« 建築雑誌2009年2月号 特集:宗教建築は終わったのか | トップページ | シアトルの神社、そして椿大神社の胡散臭い話し »

2010年3月18日 (木)

丸の内はんにゃ会

なんだか昨今仏像ブームとか仏教ブームとかあるみたいです。

僕はわりと民俗学寄りなので、国宝の有名な仏像より、ニッチな石仏だの神仏習合の怪しいのだのが好きなんで、いまいちノレ無いでいます。仏像好きって人と話しても引かれそうで、あまり全開で石切・生駒界隈の信仰狂いの町の話しとかできない!

美術観点じゃなくても、明恵上人最高だよね!とかすらの会話できない仏教ブームでしょう?禅宗の流派の話しとかしたいやん。融通念仏宗の寺に行ったら新宗教に傾倒してると誤解されるような仏教ブームは不満足だ!



さて、さっき知ったのですが、「丸の内はんにゃ会」なる団体のBlog。

http://book.m-hannya.com/

公式サイトはこっち

http://www.m-hannya.com/

現在会員は約450人とある。女性の集りみたいです。

ここが著者で『こころ安らぐ「仏教女子」入門』なる本を洋泉社より発売したそうです。3月17日発売予定とある。

こころ安らぐ「仏教女子」入門 (洋泉社MOOK)

こころ安らぐ「仏教女子」入門 (洋泉社MOOK)


洋泉社ムックですから、かなりキャッチーなノリっぽげ。教義とかそっちのほうはあまり触れてないようです。

それより仏教カルチャーを楽しもう!という軽いノリで、要はファッション的な感じ。

まあでもこれはこれでとっかかりにはいいのかも。そこから興味ある人は深みにはまったりもするでしょう。これが縁ってもんです。


Blogを見ると、いろいろ仏教書の紹介などをしてはる。

活動内容を見ると、和カルチャーという切り口がまずあるかんじかな。仏教は基本その範疇としてあるかんじ。

だからそういう切り口ならまあこれはこれで正しいノリだと思いますね。


けど…日蓮宗の修法師の資格得るため法華寺で荒行中の坊さんにユル~いノリで観光気分で訪れてユル~い質問してるのは、さすがに失礼ではなかろうか…

あの100日荒行って、そんなヌルいもんじゃないですよ。アカギレやなんやで足やらなんやら満身創痍でえらい苦行のように聞きます。

「白装束」と軽く言うけど、この真冬にペラいそんな服で寒さに凍えながら、延々水行やりまくりで凍え死にそうな生活送ってるわけでして…

この点については無知は罪だと思う。サイトの書きぶりや、おねーちゃんらのニコヤカな記念撮影ノリを見るに、誤解してると思う。そんな観光気分で行くところではないよ~。

そもそも禁欲生活100日続けてる行者のところに若いおねーちゃんらがキャピキャピ行くのがすでに行者に対する苦行だと思う(笑


これに限らないけど、あくまでガチな宗教施設なんだっていう認識は忘れて欲しくないと昨今の仏像ブームとかを見るに思う。失礼にならぬよう、配慮は必要だと思うんです。仏像にしても単に美術品でなく、信仰に関する品であるわけで、美術館に行くノリではいかんと思うし、そうであっても信仰対象として向かってる人もいることは認識して、敬意を払わねばいけないと思うのである。

この手のファッション的な楽しみ方は、とっかかりとして貴重だし、よいと思うのですが(おそらく法華寺のかたもそういう認識であえて受け入れてくださったのでしょう)、行き過ぎて勘違いする人が出て、トラブルにならねばいいが…と毎度ヒヤヒヤします。

« 建築雑誌2009年2月号 特集:宗教建築は終わったのか | トップページ | シアトルの神社、そして椿大神社の胡散臭い話し »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417686

この記事へのトラックバック一覧です: 丸の内はんにゃ会:

« 建築雑誌2009年2月号 特集:宗教建築は終わったのか | トップページ | シアトルの神社、そして椿大神社の胡散臭い話し »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック