« 各地方自治体は宗教法人名簿をWeb化せよ | トップページ | 四天王寺新春名宝展 »

2011年2月 8日 (火)

今年の恵方参りは楠木正成ゆかりの神社に

恵方参りというのは、近世までは盛んに行われていた初詣の風習です。

その年の歳神様が居る方角というのがありまして、それを恵方といいます。(節分の恵方巻きの方角といっしょ)

その恵方の方角の神社仏閣にお参りにいくというのが恵方参り。

これはなかなか普段行く機会の無い神社を地図で探していくので、新たな発見があっていいです。ぜひ現代に復活させましょう。


昨年はいまいちピンとくるのが無く、大阪護国神社に行ってきました。その前は生駒探検。

今年は南南東というわけで、どこへ行ったものか…と悩んでいたら、もう2月。初詣時期ちゃうやん!という話しですが、親族の葬式あったりなんだかんだと多忙で行きそびれていました。

が、時間を見つけて行ってきました。


今年の恵方参りは、建水分神社!

http://www.takemikumari.com/


千早赤阪村まで行ってきました。

千早赤阪でピンとくるひとも居るかもしれませんが、楠木正成及び楠木家ゆかりの神社です。

この神社は楠木氏の氏神なわけですが、境内には摂社として楠木正成自身を神格化して祀る南木神社というのもあります。

「南木」というのは「楠」の文字をバラしたとも言われています。


前年の大阪護国神社といい、なんかすげえライトウイングな雰囲気のチョイスですが、誤解です。

単に方角正確に追うといまいち有名な神社仏閣無くってこうなってます。

なかなか田舎で静かでいいとこでした。


この神社、楠木正成ゆかりということくらいの知識で行ったんですが、なかなか興味深かったです。

メインで中央で祭られている祭神は、天御中主神です。

これ祀る神社って、ほとんどないっしょ??

新宗教なんかじゃ、この神は宇宙根元の創造神という位置付けだからあえて主神として祀る神社あるみたいですけど、伝統的な歴史ある神社ではあまり祭られない神といっていい。

公式サイトの祭神の項を引用しよう。


御 祭 神

天 御 中 主 神 (あめのみなかぬしのかみ) 〔中殿〕

天 水 分 神  (あめのみくまりのかみ)  〔左殿 ・右室〕

国 水 分 神  (くにのみくまりのかみ) 〔右殿 ・左室〕

罔 象 女 神  (みつはのめのかみ)  〔左殿 ・左室〕

瀬 織 津 媛 神 (せおりつひめのかみ)  〔右殿 ・右室〕

 

天御中主神は、天上の神々の世界である高天原に最初に御出現された神で、天地創造・万物生成の神である。

天水分神、国水分神は、それぞれ天空と大地の水を施し、用水を公平に分配する神。(「水分(みくまり)」の語源については、社号参照。)

罔象女神は、水を主宰する神であり、御名義は「水這ふ」、「水走る}、「水生ふ」等という。

瀬織津媛神は、速川の瀬に坐し、諸々の罪穢を清め大海原に持去られる神で、凶事を除き去る祓の神。

 

因みに、天御中主神は宇宙根源の元始神であることから、祀ること自体が畏れ多いこととして、古来より「祀らぬ神」とされた。

それ故に古社において天御中主神を主祭神とする神社は稀有である。

この為、当社には他宗教の「万物創造の神」の信奉者であっても、この神は名は違えども世界唯一の神で同一神、と解する柔軟思考な人々の参拝も時折り見受けられる。


万物創造神ということで、神道以外の信者も参拝に来るというのはおもしろい。

つまり、キリスト教系やイスラム教系とか、唯一神系のかた(…の中の柔軟な思想のかた)も参拝に訪れたりするんでしょうかね。

あとはやはり神道でも新宗教系の人も来そうやなあと思いました。スピッ子も。


現状、スピリチュアル界隈とかパワースポット界隈では注目されてる感は無いですが、今後注目されたりするんじゃないでしょか。

« 各地方自治体は宗教法人名簿をWeb化せよ | トップページ | 四天王寺新春名宝展 »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417754

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の恵方参りは楠木正成ゆかりの神社に:

« 各地方自治体は宗教法人名簿をWeb化せよ | トップページ | 四天王寺新春名宝展 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック