« エホバの証人による市営会場不正使用2 | トップページ | ロシア正教トップのキリル総教主の初来日ってどうなったの? »

2012年4月 5日 (木)

エホバの証人による市営会場不正使用3-丹野市議に陳情してみた

エホバの阿倍野会衆による宗教活動禁止の市民会場利用の件、さらに続きです。

はてなの手違いでプライベートモードになってた関係で、他のサイトでうちの告発を転載して広げてくれてるようです。


取り扱ったサイトURLなど

http://blog.goo.ne.jp/laodicea/e/dcb0052ab61f0b81070fa7cfae16784c

共産党阿倍野委員会が問い合わせに動いたようです。


なにやらYahoo知恵袋で拡散してるかたがいます

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1084577540

その他Twitterで結構広がってるもよう。


あとは、こちらのサイトの元エホバのかたが、 大阪市教育振興公社に問い合わせ、あと共産党阿倍野地区委員会に連絡したそうです。http://ameblo.jp/exjw/



上記サイトを見ると、施設側、共産党からの問い合わせには申請者について返答してるんだね。

あと、今後貸さない様にしたいという言質も私のときと違って取ってる。1市民と、共産党相手じゃ対応がぜんぜん違うような…

一貫してるのは、「センターとしては、今回は申し込みを受理しちゃったので、いまさら使うなとは言えない」の一点張り。

宗教は禁止と規約にあるのだから、それを利用目的隠して申請してるんだから、中止でいいじゃん。

いったん受理したらなんでもありなら、普通の一般の集まりのように偽装申請したらなんでもできる。宗教がバレた時点できっちり断固たる処置しないのであれば、規約は有名無実化する。




さて、私のほうは昨日阿倍野区選出の大阪維新の会の市会議員、丹野壮治(たんの壮治)議員に陳情の電話をしてみました。http://www.tanno-oneosaka.com/

出先だそうで、そのせいかもしれませんが、興味なさげな対応。霊能者ビラの問題もあるのでそれら見せたかったのですが、事務所には今日は戻らないし、明日も行かないと会う機会は得れませんでした。

とりあえず昨日電話で開催今日なので調査等するなら時間無いので、メールで懸念してる内容を説明して送っておきましたが、返信来ましたが、結論としては「問題無いと考える」という信じられないものでした。


お問い合わせ様のご指摘の通り、私はカルト問題に詳しい訳ではありません。

ただ、詳しくないからと言って、そんな理由で陳情等を断ったりもしません。

私の陳情を受ける基準は、私自身が納得出来るかどうかです。

納得すれば、そこからトコトン勉強しますし、考えます。

今回のお問い合わせの件につきましては、リンクされていたサイト等を読ませて頂き

ましたが、すでに回答が出ている気がします。

今回は契約した以上は貸すが、次回以降は貸さないと結論づけていますので、私がこ

れ以上何が出来るかと言われるとわかりません。

(中略)

今回は全然お力になれませんが、何かありましたら、お気軽にお尋ねください。


…ということで、陳情に納得せず、何にも問題ないし、できることはないということです。

私は霊能者ビラを受け入れてしまってる問題や、施設の審査基準の甘さをきちんと指摘したのに、返信ではそこは全くスルーで、施設が今回取った対応でOK,はいはいおしまいという返答でしょう?

違うでしょ。他の施設も含め、運用基準をきちんと正して適正利用がなされる環境を作ってくのが政治の役割でしょう。ほんとガッカリ。


契約したので断ることはおかしいといいますが、その契約自体が規約を抜けるため偽装して騙したものであり 有効性が無いと思います。

この論理がまかり通るなら、信者誰か立ててとにかく申請一度通したらなんでも開催できるわけで、規約の意味が無く、形骸化しますよね。

それが正しいとお考えなら残念と言わざるを得ません。

今の阿倍野市民活動センターの所長のいうやる気の無い基準は、すなわち、

霊能者やシャーマンが市営会場を信者獲得、霊感商品売りつけの草刈場にするということを看過することに他なりません。


霊能者のビラなどが置かれまくってるのに関しても特に感想は無いようですし、社会問題になってるカルト事情にあまりにも甘すぎると思います。


大阪・阿倍野といえば、公営の福祉施設である阪南パラドームが統一教会の偽装会社に売られて、教団の巨大拠点となった事件の場所なわけで、宗教団体の偽装申請という問題に敏感でなければいけないはず。

阿倍野選出ですが、阪南パラドーム問題とか知ってらっしゃるのかなあ?

偽装で公の入札を悪用した阪南パラドームの件を知っている阿倍野区民は、今回の件非常に敏感にならざるを得ない問題ですが、ご理解いただけてるのかなあ。


阿倍野選出の民主党議員で、小沢チルドレンの番頭格の萩原仁議員が公職選挙法でそれぞれ別件で2名の逮捕者を出していますが、赤旗のスクープで2名ともが合同結婚式参加者であったことが発覚なんて事件もあり、宗教勢力との関係は厳しく身を律さないと。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-01-05/2010010501_04_1.html

丹野氏はみんなの党からも推薦得てるようですが、みんなの党と言えば、統一教会関係者を新人候補の秘書に斡旋なんて疑惑が話題です。


みんなの党・次期衆院選候補者に統一協会との緊密な関係疑惑。黒幕も浮上。疑惑の候補者は本紙に関係断ち切りを明言@やや日刊カルト新聞

http://dailycult.blogspot.jp/2012/03/blog-post_08.html

恐らく今度は維新の会やみんなの党に統一教会は擦り寄ってくるでしょう。宗教に関して敏感で無いと困ります。


また、大阪の宗教法人状況は、実態把握が全国でほぼ最悪と、役所の怠慢が指摘されます。

宗教法人:把握不徹底 名簿未提出、大阪31.9% 都道府県で差 - 毎日jp(毎日新聞)

http://blog.goo.ne.jp/mogari09/e/3971dcbcac02f271a36c570c41e11958

休眠宗教法人等々はしばしば悪い連中に悪用されます。宗教問題に敏感でないと困る。





さて、話しは宗教問題に留まらない。

この丹野議員、実は自身の政治事務所の勉強会を5月に開催する予定をしていまして、それを阿倍野市民学習センターで行う!とBlogで書いてらっしゃいます。


平成24年3月16日 半月会 開催!

先日、この日記で勉強会を開催すると言っていましたが、やっと場所が取れました!

日程は、平成24年5月12日 10時~(約1時間ぐらい)です。

場所は、あべの市民学習センター 阿倍野ベルタ3階 第一会議室です。

人数は、定員が20名ぐらいです。

毎回テーマごとに、そのテーマに興味のある方に集まってもらう形式をとります。

興味のあるテーマのみ参加して頂いて、結構です。

後援会の方に、毎回迷惑をかけるのは個人的に好きではないので、後援会の人も興味のあるテーマの時のみ参加して頂きます。(後援会の方には、勉強会の案内は送らせて頂きます。)

今回の勉強会は、私が一方的に説明するのではなく、参加された方々と一緒に勉強していきたいと思います。

まだまだ未熟な私がこの勉強会を通して、満月になれるように、今回の勉強会を「半月会」と命名しました。

皆さんの率直なご意見などをお聞きし、良い意見を少しでも今後の市政に反映出来るような勉強会にしていきたいと思います。

お金を使うだけが政治じゃないって事を証明したいです!皆さんのお知恵をお貸しくださいね。

テーマはもうちょっと待ってください。私は決まっているのですが、秘書が違うテーマを言うので、もうちょっと調整してから発表させて頂きます。

良かったら、「半月会」に参加してくださいね!

阿倍野区以外でもOKです。選挙権の有無も問いません。良い知恵をお互いに出し合って、建設的に話を進めていける方なら、誰でもOKです。

宜しくお願い致します。

http://www.tanno-oneosaka.com/category/1459361.html

過去記事で挙げていますが、阿倍野市民学習センターの利用規約では、宗教と並んで政治が禁止となっています。

これについても問題で、共産党も調査しているようですし、今後指摘されますよ?と忠告したのですが…


お問い合わせ様のご指摘の政治活動での利用についてですが、確かに広い意

味でいうと政治活動に該当すると思います。

ただ、5月から始めるのは、あくまでもただの勉強会です。

市民生活の向上に寄与する事を目的に行うものです。

それに、今回は後援会の力も一切借りずに、一般の市民の方でテーマに興味のある方

と一緒に勉強して、知識を深めます。

私の講演会ではありません。政治の話を、一般の方と一緒に勉強するだけです。

テーマが政治問題に絡むと全て政治活動に該当すると言われればそれまでです

が・・・。

私自身は全く問題ないと考えておりますので、共産党に調査されようと全然構いませ

ん。


…と、自身の政治団体が利用することを正当化するようです。

できれば動いて欲しかったので、しれっと会場変えたほうがいいとアドバイスしたつもりでしたけど、ガッカリなんでこの問題についても指摘しときます。


こんなこと許してたら、どんな公安がマークするような政治団体でもなんでも公営会場を使いまくることを看過するということになりますよ?

きちんと厳格な運用をさせるようもっていき、真に市民の文化活動に寄与するように正すのが政治家の仕事ではないでしょうか。

こんなユルい運用を正当化し、自らそれに乗るという感覚、到底理解できません。


はっきりいって、維新の会の新人議員らより、この政治利用基準の厳格運用って、維新と対立してるような平松前市長熱烈応援みたいな「市民団体」のほうがダメージ大きい話で、維新としてもメリットのあるはなしだと思うのですけどねえ。

維新としてどうなのかは謎ですが、少なくとも丹野議員個人としては、自身が使うつもりだったこともあり、政治利用を正当化するような風です。

« エホバの証人による市営会場不正使用2 | トップページ | ロシア正教トップのキリル総教主の初来日ってどうなったの? »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48417775

この記事へのトラックバック一覧です: エホバの証人による市営会場不正使用3-丹野市議に陳情してみた:

« エホバの証人による市営会場不正使用2 | トップページ | ロシア正教トップのキリル総教主の初来日ってどうなったの? »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック