« 念仏宗の代理人からの請求について | トップページ | 韓国で除夜の鐘!? »

2012年12月26日 (水)

伝説の坊主Barが大阪に復活

おお~と思ったが、まだ行ったこと無し。

“伝説の坊主バー”大阪に復活 本音を語り合う仏教スタイル
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/121202/ecc1212021511003-n1.htm

般若湯かよ!!ってはなしだが、主宰が真宗だから別に間違ってない。
正確に言えば、真宗は親鸞以来、非僧非俗という自称であり、正式な出家じゃない。ゆえに戒も在家戒でかまわないと言える。

真宗の坊さんに髪の毛伸ばしてる!生臭だ!戒律破りだ!と批判して真宗をやたら卑下する人わりと居るが、
実は真宗の坊さんのほうが筋が通ってる。他宗で出家を気取って在家の生活というほうが筋が通って無い。

坊主バーってのは、もともと大阪発祥で、大阪の真宗寺院の僧侶らが始めたわけです。
東京にも進出して、東京はずっとあるようですが、本家の大阪では潰れてしまう。
その後、坊主バー後継の集まりとか、尼僧バーとか、フォロワーを目指した試みが定期的に立ち上げられるが、どれもこれも長続きせずに今に至ってきた。
ついに坊主バーとして復活したというのは喜ばしいと共に驚きですね。

うちのサイトは、坊主バーフォロワーの試みを何故かサイト開いた当初から紹介繰り返してるので、今回も取り上げました。

今回は最初の坊主Barの発端の真宗大谷派・瑞興寺が強く噛んでるようで、僧侶も8人関わってるとのことで、本格的な復興のように見えます。

折りしも仏教ブームですし、こういう場があるのはとてもいいこと。
変なカルトに嵌る前に、仏教なんぞや?と横の繋がり持つのはええことです。
今や、檀家だ菩提寺だなんだと、お寺さんと繋がってない若人が多いです。けど仏教には関心がある。→カルトにひっかかる、なんて危なっかしいなと常々感じてるので、そういう昔ながらの文化センターとしての檀家だ菩提寺の代替になればいいなと思います

http://www.vowsbar.com/

公式サイトもできてます。

見ると、なにやら店主募集してるよ?
お坊さん何人も居るならそこから選べばよさそうなものだが、
あえてそうじゃない人据えたいのかな?
相談聞いたり話し相手に出張してる僧侶とは別に、司会者的な仕切れるバランス感覚いい人材欲してるのかな、と想像するわけですが。

ちなみに過去記事

心斎橋の坊主バー
http://ragaraja2.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post-eba6.html
Thangka Club
http://ragaraja2.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/thangka-club.html
尼僧バー
http://ragaraja2.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post-2840.html
HUSH
http://ragaraja2.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/hush.html
尼僧バー「供華」ってのがあるらしい
http://ragaraja2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-932b.html

« 念仏宗の代理人からの請求について | トップページ | 韓国で除夜の鐘!? »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48472209

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の坊主Barが大阪に復活:

« 念仏宗の代理人からの請求について | トップページ | 韓国で除夜の鐘!? »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック