« 韓国で除夜の鐘!? | トップページ | 朝鮮シャーマニズムを題材にした映画「パクスごろつき」が公開 »

2013年1月 8日 (火)

「昭和の仏師」伊藤真乗、仏を刻む

え?そうなの!?

伊藤真乗。密教系新宗教である真如苑の開祖と知られる人物である。独自の真如密を提唱し、昨今教勢を増している。
独自の密教修行と、それによって与えられる免状による習い事チックな要素が特徴かな、と認識してます。柔道習いに通って、何帯とか得ていくことに喜びを感じるというか。

その伊藤真乗の仏師としての仕事を特集した番組が、スカパーのベターライフチャンネルで放送している。
本日数時間後放送です。ベターライフチャンネルは無料放送なので、スカパー(e2でなく)入る家庭のかたは見てみるよろし。

http://bangumi.skyperfectv.co.jp/HD/channel:1216/

01/08(火) 22:30~23:30
精神文化の時間 ステレオ
教養/ドキュメンタリー > 社会/文化/宗教
■真如苑「常楽我浄」仏を刻む 伊藤真乗 心の軌跡
平成18年から20年にかけて、日本そして欧米で、「昭和の仏師」と呼ばれた真如苑・開祖伊藤真乗の生誕100年を記念した回顧展が開かれました。
それは真乗が人生の節目節目で刻んできた仏像を始めとした彫刻作品が一堂に会した展覧会でした。
それらを見る人々の心には作品そのものを越えて・宗教者として生きた伊藤真乗の祈りまでも深く届いたのでした。
伊藤真乗はなぜ仏を刻んだのか。そして彼の芸術的研鑽とは?宗教者が自ら仏を彫る意味とは?
彼の残した様々な作品や彫像を年代記的に辿り、仲田順和・醍醐寺座主、彫刻家・中村晋也氏などの話を通し、伊藤真乗の宗教者として歩んだ道の内実に迫ります。

醍醐寺座主も登場するあたり、昨今の醍醐派との密着ぶりならでは。
本放送は年末、昨年12月にあったようで、今回は再放送。
RIRCのサイトに、この特別番組の紹介が載っている。

http://www.rirc.or.jp/xoops/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=30

特別番組 仏を刻む 昭和の仏師「真如苑・開祖・伊藤真乗 心の軌跡」に迫る
12月29日(土)22:30~23:30
平成18年から20年にかけて、日本そして欧米で、「昭和の仏師」と呼ばれた真如苑・開祖伊藤真乗の生誕100年を記念した回顧展が開かれました。
それは真乗が人生の節目節目で刻んできた仏像を始めとした彫刻作品が一堂に会した展覧会でした。
伊藤真乗はなぜ仏を刻んだのか。そして彼の芸術的研鑽とは?宗教者が自ら仏を彫る意味とは?彼の残した様々な作品や彫像を年代記的に辿り、
識者の話を通し、伊藤真乗の宗教者として歩んだ道の内実に迫ります。

つか、そんな展覧会開かれてたんすか!?見たかった!
そもそも仏師・伊藤真乗という視点は無かった。興味深い番組であります。

[追記]
「伊藤真乗の目と手」展 2006-2007
http://www.shinjoito.jp/
これのことかな?随分昔だな。ベターライフチャンネルの番組って再放送なのかな?

« 韓国で除夜の鐘!? | トップページ | 朝鮮シャーマニズムを題材にした映画「パクスごろつき」が公開 »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/48655989

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和の仏師」伊藤真乗、仏を刻む:

« 韓国で除夜の鐘!? | トップページ | 朝鮮シャーマニズムを題材にした映画「パクスごろつき」が公開 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック