« 安達原玄氏仏画をめぐる著作権侵害訴訟 | トップページ | バイキングに自称ユタのミッシェルさん »

2014年10月18日 (土)

真言宗護國派ってなんじゃろう?

東大寺で北野宥範というかたが、東大寺の本坊で伝授会をしたり、潅頂堂で潅頂の勉強会をしたりと活動してまして、一体何者?と思いました。

https://www.facebook.com/pages/%E4%BA%8C%E5%AF%A6%E4%BF%AE%E9%A8%93%E9%81%93/477550565709124

11月8日、9日で戒壇致します、第二回潅頂の勉強会を東大寺潅頂堂をお借りして開催致しました。
当日は僧形八幡様の年に一回の御開帳の日でありましたので、お昼からご挨拶にお参りしてきました。
次回は10月26日第三回潅頂勉強会を潅頂の道場となります久米寺様様にて行います。




久米寺さんもめっちゃ著名寺院ですし、一体この二實修験道という団体はなんなのだろうか?と。

ググると、北野宥範氏は、いろいろな真言密教の伝授関係の書籍の出版を多数しているようで、
各地で伝授会などを盛んになさってる御様子。
で、二實修験道という独自集団を作り、活動しているそうです。
https://www.facebook.com/pages/%E4%BA%8C%E5%AF%A6%E4%BF%AE%E9%A8%93%E9%81%93/477550565709124

修験系の団体みたいですね。拠点は「大本山 蓮臺寺」と名乗る寺のようです。
大本山?と思ったら、最近、「真言宗護国派」なる宗派を立ち上げたという自称だそうです。
https://www.facebook.com/RENDAIJI
マークが菊の御紋ですげえ!

最近では台湾に出張し「今回の目的は、修験道と密教・修験密教開教の可能性と台湾佛教の現状を視察。」とのことで、台湾での密教開教の可能性を考えておられるのだとか。

ちなみに台湾は、民国の亡命政府に従って共産中国の弾圧逃れてチベット密教が活仏とか含め脱出してきており、密教に関してはチベット仏教の力が結構実は強い土地柄です。
新宗教的ニュアンス強いですが、慮勝彦さんとこなんかは、日本仏教のエッセンスも取り入れたようなとこありますが、稀有な例でしょね(なぜか大阪や神戸、関西に進出している。現状華僑信者がほとんどでしょうけども)。

日本密教が受け入れられる余地というか、下地はあるように思うけれども、日本密教もいろいろあるわけでして…



なんだかよく分らないのですけども、そういうかたがおるんやなーということでメモがてらの記事です。
なんで護国派なんて名前なんだろ? 右翼方面係わりだったりもしかしてする?

« 安達原玄氏仏画をめぐる著作権侵害訴訟 | トップページ | バイキングに自称ユタのミッシェルさん »

宗教」カテゴリの記事

コメント

北野宥範という方、奈良の薬園寺(真言宗御室派)のご住職のようですね。ご指摘のとおり、多くの密教修法関係の書籍を執筆し、真言宗護国派の「管長」、二實修験道の「総監」をやっておられるようですね。(包括宗教法人の認可を受けているかどうかは知りませんが)。二實修験道に関わるお寺としては、和歌山県橋本市の小峯寺(高野山真言宗)があるようです。
北野氏がどのような経緯でこれらの団体をはじめたのかはわかりませんが、facebookを見る限りでは、昭和帝の生誕祭をやったり、靖国神社に参拝したり、と少し右翼的?な傾向が見られますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/57891579

この記事へのトラックバック一覧です: 真言宗護國派ってなんじゃろう?:

« 安達原玄氏仏画をめぐる著作権侵害訴訟 | トップページ | バイキングに自称ユタのミッシェルさん »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック