« 月光山洗心庵関係についての自分の立場 | トップページ | NHK新日本風土記で生駒山特集。朝鮮寺も »

2014年11月11日 (火)

そもそも何も名誉が毀損されるようなことは書いていない

月光山洗心庵からの訴えですが、何度も読み返して考えてたのですが…
よくよく冷静になって考えると、そもそも自分はなから新規性のあるようなことを書いたわけでもなし、何か告発したとかそういう類の内容は書いてない。(書けてないってことであって、ある意味恥ずべき話なんですが)
単純に誰でもネットやなんやで見て知りうる程度のことを伝聞のかたちで紹介し、自分の感想、見解を書いただけにすぎない。


私が書いたようなことは、ネットや記事で誰でも知りうる内容にすぎず、別に自分が告発したとかそういう種類のものではない。
円満院で先代時代に数々のトラブルが起こり、死体まで出るしまつで、異常な状況にあって、多額の負債を産み、放逐されるに至った件とか、
BBS等で真偽不明ながら、多くの苦情告発が飛び交ってるという事実ということを紹介しただけ。


それらグループと菅原道陽氏の親密性も、彼女自身が語ってきた内容から類推誰でもできるはなしでしかない。別に私が新規に言い出したことでもなんでもなく、彼女自身が主張してきたはずです。
その問題の宗教グループとの親密性をもって、その範囲限度において、「警戒する」ということになにも新規性は無い。


また単立で、異端ともいうべき特殊な信仰の祈祷寺なのに、三井寺の伝統宗派のように誤解させる説明をしていたり、得度というものをなにか商品のように展開するという異質性なども、誰しも分る話でしかない。


唯一私の発信ネタは、相談受けてたかたからの情報で、彼女が伝統宗派のように誤解する説明を聞いて勘違いしていたことがあります。
これとてサイトの記述だけでも同じことは分る話でしかない。
得度トラブルも、Blog間で揉めてたし、みなさん見てたものでしかないし、単なる事実の指摘にすぎない。


それに対し私が警戒心を持っても、なんら問題はなかろうと思います。
一般論的なはなししでしかないと思います。


そういうわけで、全く私の記事によって菅原道陽氏の名誉が毀損されたというような事実は存在しないと思うわけ。
むしろ名誉毀損をされた!と過去の御自身の発言、行動を秘して地裁に訴えて、私のサイト記事への公開圧力をおかけこそ、私に取っちゃそれ名誉毀損です。名誉を毀損するようなことは書いてないのですから。

« 月光山洗心庵関係についての自分の立場 | トップページ | NHK新日本風土記で生駒山特集。朝鮮寺も »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/57955412

この記事へのトラックバック一覧です: そもそも何も名誉が毀損されるようなことは書いていない:

« 月光山洗心庵関係についての自分の立場 | トップページ | NHK新日本風土記で生駒山特集。朝鮮寺も »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック