« バイキングに自称牧師のゲイのヒーラーToshi&Lithi、そのバックは? | トップページ | 霊鷲山福富寺、脱税目的で休眠宗教法人を買収したものだった »

2014年11月12日 (水)

バイキングに自称牧師のゲイのヒーラーToshi&Lithi、そのバックは?2

バイキング録画してたのを見返してたら、都内某所と隠してた彼らのヒーリング店の住宅の表札に屋号出てた。
「アセンションクラブ」というスピリチュアルヒーリング屋、まあ俺に言わせれば「拝み屋」の類のようだ。

サイトもあるよ!
http://actokyo.jp/

ああ、やっぱ現役牧師とか自称してたけど、カトリックではもちろんないし、一般的なプロテスタント教会でもないのは明白な異端だわ。バックにどんな教団があるのかはまだ謎ですが。

「GNOSIS THERAPY」、グノーシスセラピーという、最近そんなの多いが、伝授商売を展開しているもよう。



http://actokyo.jp/?cat=5
Basic Gnosis Therapy グノーシスセラピー三日間土曜クラス
グノーシスセラピーはスピリチュアルを修得することで本質的な癒しを実現する『学びのセラピー』です。
丁寧に時間をかけてあなたの魂を解きほぐし、内なる自己を解放します。あなたを深い気付きに導く上質なスピリチュアルレッスンです。
潜在能力を引き出したい方やヒーリングのプロを目指している方はもちろん、スピリチュアルがはじめての方、人間力・生活力を高めたい方、前向きになりたい方、毎日を楽しくオシャレに過ごしたい方など、どなたでもお受けになることができます。

このセラピーは古代の叡智を基に、現代を生きる私たちにも適応できるよう昇華した最先端のスピリチュアルセラピーです。
(中略)
所定のカリキュラムを終了された方には終了証書が授与され
今後スピリチュアルセラピストとして活躍ができます。




ほんとこのレイキが流行して流行った業態、まだまだ続きますなあ。
んで伝授受けた人がまた開講して新しくまた信者を教化していく…


プロフィールのページ見る。
疑問視している牧師の件、一見何も知識無い人が見たらもっともらしく思ってしまいそうな文章である。


http://actokyo.jp/?page_id=83/
■ ゲイの牧師になったわけ
そんな時、ヘアサロンにゲイを否定しない牧師 がゲストとしておいで下さった。ボクはここぞとばかりに鬱積した教会への不信感をぶちまけてしまった。最後までじっと聴いてくれた彼は最後にひとこと「大 丈夫だよ」と言ってボクをしっかりといつまでも抱きしめてくれた・・・それから20数年ぶりに教会に通い始めたボクが気付かされたことは「自分だけが喜ん でいてはいけない」ということだった。教会の中で声をあげられずに苦しんでいる仲間たちに「あなたは神に愛されているかけがえのない存在」ということを伝 えたいと思った。それから「これは牧師になれということなのだろうか」という自問自答の日々が続いた。そうして得た結論は「こんな自分を神が必要として下 さるのならば逃げずに神の前に立とう」ということだった
神学校や教会ではたくさんの素敵な仲間たちに支えられてのびのびとした神学を学ぶことがで きた。キリスト教と同性愛について、あるいはセクシュアリティについて貪るように学び、聖書学的にも生き様としてもゲイが何ひとつ「問題」がないこと、む しろ堂々と皆と楽しく共存してやっていけるという思いを深めることができた

■ 現在
やがて教団における補教師と正教師という二段階の牧師試験を経て2008年の秋に牧師職の叙任式である按手を受けた
丁度この頃に生涯のパートナーとなるLithiとの出会いがあり、共に歩んでいる
牧師をしている教会の信徒の皆さんにも始めからカミングアウトをしており、ありのままのボクらを自然体で迎えてくれている
牧師と言っても結構やんちゃな奴で毎日明るく楽しく飛び回っている




私が変だ!と思う理由は、前世を盛んに見える売りにやってること。
キリスト教の神学とは前世、つまり輪廻転生は相容れないものであり、神学学んだ牧師ではこの理屈はありえないと思うのです。
キリスト教においては全ての死者は終末においてメシアにより全て復活するわけで、そのときを土中で待ってるのである。前世が出てくるのはおかしい。ましてや神学学んでるという立場なら、基本中の基本のはずで、そんな発想は模範的キリスト教徒ではありえない。

グノーシスと名乗ってることから、そういった異端的な思想のキリスト教集団に属するって意味でのその教団における牧師なのではないか?との疑念がぬぐえない。


資格の類として、美容師免許や日本エステティシャン協会正会員、さらには食品衛生責任者まで載せてるわけ。花 道 小原流本科 修了なんて習い事まで!
なのに、なんで所属する教団や教会すら明かせないのか。おかしーじゃん。

普通の一般的なプロテスタント教会だったら問題無いはず。
ここまで事細かに自身の勲章並べ立ててるのに、こと牧師に関しては、自称現役牧師の連呼のみって違和感ありません?


これらに続く、謎の免状が正体を探るヒントになるかもしれない。


グノーシス マスター
エネルギーヒーリング
シルバーバイオレットフレイム マスター
フォーアークエンジェルヒーリング マスター
エンジェルズタッチ マスター


これらを展開してる団体と密接なはずなわけで。
後ろに続くのは、スピ界でよくアチューンメントとかやってレイキみたいに伝授伝授やってるくだらぬもの。よくみかけるもんで特徴にならない。
最初のグノーシスマスターがやはりヒントだろう。





実は、グノーシスを標榜する教団が以前から日本で展開してるようなのです。

サマエル・アウン・ベオール(コロンビア人)と、その弟子ミゲル・ネリ(メキシコ人)の展開したノーシス運動の教団で、南米を中心に広がったものです。その特徴は「性エネルギー昇華秘法」であるといい、タントラ(もはやキリスト教じゃねえ)をベースにしているとの告発がある。
秘教的であり、具体的にその精子がどうたらうんたらの思想が、教団の深部でどう実現されているのか謎なのですが、SEX絡みの論理に使われる可能性が十分ありうるなあ。

元サマエルの教団で活動してたというかたが批判と解説をまとめている。

サマエル・アウン・ベオールのノーシスを斬る! ~ 真のグノーシスへ!
http://xuzu0911.exblog.jp/20666478/
まあこのかたはこのかたで神秘家なんで、はたから見ればどっちもどっちなんですが、少なくともサマエルの教団の様子は垣間見れるようにも思います。



こっちのサイトはサマエルの思想がまとまっている。
ノーシス書棚
http://gnosis317.web.fc2.com/index.html


後継者?のミゲル・ネリの奥さんって、日本人らしいんですよ。
そんで1980年代にミゲル・ネリとその夫人ミチコ・ネリにより日本に展開がされたそうな。
奈良に本部あるとか出てますね。




たぶんここが今日本で展開してる本家のグノーシス・ジャパンの公式サイトかと。
http://gnosis.es/japan/


チャクラとかマントラ、さらにはクンダリーニの覚醒と、タントリズムなワードが確かにわんさです。
これキリスト教か?という思いしますが、これがグノーシスなのだ!という思想なのでしょう。
ドメインもスペインで、南米のスペイン語圏な感じ。


こちらのノーシス掲示板に、2009年段階でのグノーシス国際宣教師Davidよりという文章が掲載されている。


http://6523.teacup.com/68/bbs/255
はじめまして。
私はグノーシスをより深いレベルで日本に伝えるべく正式に派遣されているグノーシスの国際宣教師のデービッドと申します。
1995年からグノーシスを学んできました。
私 の先生のオスカー・ウツカテグィ(Oscar Uzcategui,)は、かつてマスター・サマエル(サマエル・アウン・べオール)に直接師事されていた人物です。彼は1975年から1977年までマ スターの自宅で一緒に住み、グノーシスの真髄を学び、マスターからアジア、ヨーロッパ、アフリカでグノーシスを広めるという使命を受けました。
私は、2000年にグノーシスの指導者になり、今まで南アメリカ、ヨーロッパなど数カ国でグノーシスの拠点および現地の勉強グループをつくってきました。そして今回、12月から派遣されているのが、ここ日本というわけです。
私は英語、フランス語、スペイン語を話すことができます。
現在、私は奈良に小さな拠点をもち、グノーシスの勉強、教えの実践に関心がある人びとに体系的な講座を提供しはじめています。
(中略)
この次には高次のレベルの「セカンド・チェンバー」と呼ばれる教えも存在し、これは、真にグノーシスを生活を通して実践していく意思がある人たちへの秘儀的な教えが含まれます。
続いては、指導者になるための教え、また大変まれですが、より高レベルの人向けの「サード・チェンバー」もあります。
私たちの教えは、純粋にマスター・サマエルのオリジナルで、他の教義との混合や変更は一切ありません。教えはすべて、マスターから直弟子のオスカー先生、そしてその指導員たちに直接の伝授を通して伝えられたものです。
私は、現在、日本においても、グノーシスの勉強会をつくることに関心がある人をみつけたいと願っています。そのような方たちには、ご自分らでグループを運営していけるようになるまで、全力で全面的に協力いたします。
また、すでにグノーシス関連の本を読み、個人的に実践されている方で疑問や聞きたいことがおありの方は、私あてにメールをお送りください。喜んでそれらの質問に応じ、各人のグノーシスの教えの実践を進展させる方法をアドバイスいたします。
私は日本国内の、各都市を訪れて講座を開いたり、マスター・サマエルの教えに関する質問等に応じることも可能です。または、これを読んでいるみなさまが奈良市にある日本のAGEAC(グノーシス文化研究グノーシス協会)に来ていただくこともできます。


こちらはマスターからのレターとして掲載がある

http://6523.teacup.com/68/bbs/280
AGEACは、(近代グノーシスの創始者である)サマエル・アウン・ベオールの正真正銘の系統で、日本に初めてその純粋なかたちでグノーシスが伝えられようとしています。
  日本の人々は、グノーシスは、仏教と全く同様に、真のタントラの系統の師のマスターサマエルから弟子への伝授が必要なことを理解する必要があります。一人 の指導員またはミッショナリーも、数冊のグノーシスの本を読んだだけで、気まぐれな意思でグループを広くオープンしたりはできません。グノーシスでは、よ り深い観点からのグノーシスの真の完全な教えを保証する熟練者、指導者の階級制があります
(中略)
繰り返しますが、我々は真のタントリッ クの直系であり、チベットのカーラチャクラタントラと同類のものです。そして、我々の仏教的かつキリスト教的な教えは、聖なるダルマの頂点に位置するもの なのです。(詳しくは「サマエル・アウン・ベオールとは?」のページをお読みになって、彼のミッションとタントリズムの種類をご確認ください。
  http://www.gnosisjapan.com/



指導者の階級制があるそうな。
グノーシスマスターってこれじゃないの?

あくまでこれでもサマエルの宗教は、自分らはキリスト教としてるようなので、牧師ってもしやこれ?


だったらいろいろまずい。
誤解されないためにも、牧師であれば、所属教会を明らかにすべきだと思います。
自称現役牧師というワードだけを用いてスピリチュアル商売の宣伝の具に使うのはよろしくないと思います。

毎度言ってるけど、きちんと自分の宗教を率直に明かして納得済みで信者がはまるなら、なーんも問題ないし、応援するんだけども
そのあたりがきちんとなされてないのは批判します。
はたしてサマエルの教団との関係はどうなんでしょ?

バイキングもよくこんな素性不明な怪しい宗教家を現役牧師とか言って大きくとりあげるなあ。

今日も「話題の占い師!」とかいってなんかやるみたいだし…

あまりに無責任じゃないかと思う。

« バイキングに自称牧師のゲイのヒーラーToshi&Lithi、そのバックは? | トップページ | 霊鷲山福富寺、脱税目的で休眠宗教法人を買収したものだった »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/57970200

この記事へのトラックバック一覧です: バイキングに自称牧師のゲイのヒーラーToshi&Lithi、そのバックは?2:

« バイキングに自称牧師のゲイのヒーラーToshi&Lithi、そのバックは? | トップページ | 霊鷲山福富寺、脱税目的で休眠宗教法人を買収したものだった »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック