« 精道大乗会という組織 | トップページ | 念仏宗無量寿寺、第6回全世界仏教最高会議開催中 »

2014年12月 9日 (火)

真言宗神道派ってなんじゃろ?

古本屋で藤井南洲というかたの書籍を見て、真言宗神道派大僧正と名乗っておられて、
まあ単立の寺が自派つって名乗ってるだけのもんだろうとは思うのですが、どういうものなのだろう?と関心を持った。

こちらの出版データベースサイトによれば、1923年生まれのかたで、以下の出版物があるもよう。
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/creator/127973.html
『霊視鑑定100例 : 不幸悪運の根源を探る』宝友出版社 1991.4
『恐ろしい先祖・親族の有縁霊 : 家族が幸せになるための霊知識と供養法』宝友出版社 1991.11
『霊界から届いた40枚の請求書 : 霊はあの世から何を督促しているか』宝友出版社 1990.4
『霊界透視 : あの世から導かれる幸福への道 先祖・両親・自分・我が子につながる運命の胚種』宝友出版社 1990.6
『霊界と先祖霊に関する50の疑問 : それを知れば幸せになれる!』宝友出版社 1990.11
『難病全快への道 : 心の因果律を解明』宝友出版社 1989.11
『霊障の発見と救霊治療 : 降霊法と祈祷法で霊障者を救出!』宝友出版社 1989.5
『開運法話 : 自分を不幸だと考えている人たちへ贈る』宝友出版社 1988.4
『道に光を : 生きる方向を見失った人が読む本』宝友出版社 1988.11

自分が見たのは『これが人生の原点だ 守護霊あなたの人生に光を』って本で、リストにないなあ?このリスト外の本もいくつかあるのかも。

ま、なんしかざっと内容見るに、霊の障りを説いて除霊業なんかをしてる霊媒師の類のようです。
うーん。こういうので箔付けに真言宗の名前使って、あたかも普通の伝統ある真言宗の宗派のように無知な人思っちゃいそうな呼称使ってほしくないなあ…


こちらのYahoo知恵袋の相談者が、占いを生業にしているという真言宗の坊さんを紹介されたが、それが神道派というはなしを書いている。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1277376692
老婆の霊が付いてるから除霊しなくちゃ!ってはなしだったそうですが…


真言宗神道派は、静岡県沼津市に本山・宝珠院があるそうです。
http://www.houjuin.jp/


仏画教室なども運営しておられ、なんだか敷居低そうなサイトになっている。
現在では霊園経営もやっておられ、内部写真もあるけど、上記相談者の時点の、ただの民家という状態より、成長してるのかな?と思う。
また、「尼僧管長、森崎瀧弘が、女性ならではの慈愛に満ちた心で、ご相談を承ります。」とあるように、藤井氏の頃から女性の僧侶のかたに代替わりしているもよう。

森崎瀧弘でググると、森崎瀧弘人生相談の名で、占い所として大量にそこかしこで宣伝している様子です。
うーむ、仏教の寺ってより、占い師とか霊媒師の類じゃないのかなあ


なんかよくわからない団体なんですが、ネット見てると、一般の伝統宗派の真言宗の寺と思って紹介する人もいたりして、危うい。
きちんとその特殊性とか、新興の宗派という素性も含め説明紹介しないと、やっぱいかんのとちゃう?

« 精道大乗会という組織 | トップページ | 念仏宗無量寿寺、第6回全世界仏教最高会議開催中 »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809125/58219400

この記事へのトラックバック一覧です: 真言宗神道派ってなんじゃろ?:

« 精道大乗会という組織 | トップページ | 念仏宗無量寿寺、第6回全世界仏教最高会議開催中 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック