« 2015年1月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年4月

2015年4月 4日 (土)

NHK出家詐欺報道捏造疑惑、さらに新証言が

4月3日の関西ローカルの報道番組「Ten」で、NHKクロ現の出家詐欺報道の出家詐欺ブローカー捏造疑惑にさらなる新証言が。


この撮影が行われた部屋の持ち主の企業代表が登場。
この部屋はそもそも投資関連会社の持つ部屋で、多重債務者役を番組でやったX氏とこの企業代表が知り合いで、X氏に一時的に部屋の鍵を貸していた時期に、代表のあずかり知らぬところでこの部屋で撮影が行われたという。
ブローカー役を演じたかたが「再現映像と思って出たのに、自分が犯罪者のように報道されてる!」と告発した今回の件ですが、部屋の持ち主の企業代表も預かり知らぬ、多重債務者役のX氏が鍵を持ってたとなると
この多重債務者役をしたX氏が、NHK記者とグルになって捏造報道が作られた可能性が出てきた。
この部屋の企業代表によれば、彼の知る限り、X氏は多重債務者ではないという。




また今回告発したブローカー役をやった男性も、X氏と知り合いで、X氏の紹介で演じたという。
X氏に借金があり、断れなかったとも。
X氏、多重債務者どころか、貸す側だった?
演技指導は同席したNHK記者が行い、記者とX氏も知り合いだったとの証言だそうな。
あと最初、X氏のほうがブローカー役をやって、告発者のほうが多重債務者を演じたが、うまくいかなかったので役を入れ替えて撮りなおしたそうな。その指示はNHK記者がやっており、NHK記者が騙されてるという風ではなかったという。


今のところの証言合わせると、X氏とNHK記者がグルになって作った構図という雰囲気。



現在NHKが調査中だが、捏造となりゃなんでこんなことをやったのか?つーはなしになってくる。
単にスクープ欲しさだったのか?
Tenの報道でもこの報道の元になった、三浦光道による実際の多重債務者を使った出家詐欺
事件にほとんど触れてないが、クローズアップ現代内では、このX氏が演じたとされるぶろーかー、三浦住職を、利用されただけで被害者のように印象操作発言をわざわざ入れ込んでるのである。
台本だったとしたら、なにゆえわざわざ三浦住職を擁護するような言を入れ込んだのか?
それこそがブローカー報道の狙いという可能性はないのか? とにかく徹底的な検証が望まれる。


当然撮影現場には、記者だけでなく、カメラマンから音声さんからスタッフもたくさん居たはずであり、真相究明はかなりできるのではないか?

2015年4月 2日 (木)

はてな本家が閲覧停止のままな件の理由

仮処分申請で記事公開できなくなったのですが、こちらの資料を提出する時間的余裕が与えられず、
一切私の側から手持ちの資料等出して抗弁の機会は与えられておらずでして
はてなさんは抗弁してくださったのですが、とりあえず公開終了。

で、当然費用かかってるはずですから、裁判くるんかね?と、資料まとめまくって、待ってるのですが
全く動きが無く。そのまんまずるずる来てる現状です。
当時のキャプとかいろいろ集めておきましたので、できる限りの抗弁はやるつもりなのですが
このままなんだろうか?



はてなの仕様で、1記事だけ非公開で再公開ってのができんのですよ。
やるなら記事削除の上。
はてな運営からは、仮処分で公開停止になっている記事さえ消せば、いつでも復帰しますということなんですけど
裁判なったときに、記事のコメント欄のやりとりが議題になるわけで、消したらあかんのちゃうか?と、そのまんまずるずるずるずる…


正直、手元の資料並べ立てて、自分の発言の真実性を証明すれば、仮処分は通らなかったのではないかと思っているのですが…
当時の月光山洗心庵は三浦光道氏を管主とし、両願寺別院として指示仰ぎながら出家得度事業をやっていたのですから、このような出家詐欺事件が発覚した以上、警戒心持って市民監視は当然のものではないかと思います。
指導者として、それに付き従うのが弟子の勤め等々とも当時言ってましたし、その犯罪にかかわった師への絶対帰依を申しておられましたし、そりゃあ警戒します。

NHKクロ現、出家詐欺報道やらせ疑惑。三浦氏擁護発言も?

おおっ、なんか変なことなってきてるな。
クローズアップ現代で、このあいだ、俺も揉めてる故三浦道明氏の教団を引き継いだ息子らが起こした多重債務者などを使った出家詐欺事件を報じた中で
出家斡旋ブローカーの男性の取材映像が出てたんだが、その人がNHKから演じることを求められたものでまったくのヤラセ!と告発。


NHK報道番組:「取材はやらせ」男性が訂正要求
http://mainichi.jp/select/news/20150402k0000m040111000c.html

NHKの報道番組「クローズアップ現代」で「やらせ」があったとされる問題で、番組内で「出家詐欺ブローカー」とされた大阪府内の男性(50)が1日、「自分はブローカーではない」として、訂正放送を求める申し入れ書をNHKに提出した。ブローカーと多重債務者の交渉現場とされる映像について、男性は「記者の指示でブローカーを演じた」と述べ、当時は再現映像の撮影だと思っていたと説明した。
 男性はこの日、NHKの聞き取り調査に応じて撮影時の様子などを説明。その後、大阪市内で取材に応じた。代理人の弁護士によると、今後、意に沿う回答が得られない場合は、放送倫理・番組向上機構(BPO)への人権侵害の申し立てを検討するという。
 問題の番組は、昨年5月14日放送の「クローズアップ現代」。多重債務者がブローカーを介して出家し、名前を変えて融資などをだまし取る手口を紹介した。「やらせ」疑惑は今年3月発売の週刊文春が報道した。NHK広報局は「男性とそれ以外の関係者の話などに食い違いがあり、引き続き確認作業を行っている。事実関係がまとまった時点で報告したい」とコメントした

「NHKクローズアップ現代でやらせ」 番組中で〝ブローカー〟の男性が訂正申し入れ
http://www.sankei.com/west/news/150401/wst1504010058-n1.html

男性と代理人の弁護士によると、男性はNHKの記者から、多重債務者が出家して別人になりすまし、融資を受ける「出家詐欺」のブローカー役になって債務者とやりとりする演技をしてほしいと依頼され、昨年4月ごろ、撮影に協力。その際の映像は同月に関西地区ローカルの報道番組「かんさい熱視線」で、5月には「クローズアップ現代」で、実在のブローカーを隠し撮りしたものとして放送された。
 男性は「再現映像の撮影だと思っていた。記者からどのように放送されるか一切説明はなかった」と説明。同日、NHKから聞き取り調査を受けた際に訂正を求める申し入れ書を提出した。


クロ現は、これそれ以前に関西ローカルでやった「かんさい熱視線」内でやったもの。もともと番組内容としてはNHKでも関西で作られた番組。

番組内では、逮捕された三浦光道氏について、「利用されただけ」と主犯ではなく、あくまでブローカーが居て、出家をお寺に斡旋してるのであるとボカシ越しに件の男性が語っており
自分としては、積極的に三浦氏は自身の宗教法人で得度斡旋ビジネスを展開をしてたのであって、違和感があると以前書きました。


このブローカーがヤラセとなると、住職は被害者みたく、三浦光道氏を擁護した言もまた指示された発言ということになってきて、胡散臭い構図になってくる。


この告発者の言の信憑性含め、NHK等関係機関の徹底的な調査が求められる。


なお、過去記事

本日NHKかんさい熱視線で、三浦家による出家詐欺をやるっぽい?

http://ragaraja2.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/nhk-9e73.html

クローズアップ現代で三浦家の出家詐欺やったようです

http://ragaraja2.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-fe24.html

NHKクロ現、出家詐欺報道やらせ疑惑.

« 2015年1月 | トップページ | 2015年9月 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック